1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通信販売のやり方
  5. 三越伊勢丹 オーダー スーツも スマホ 採寸で実現

三越伊勢丹 オーダー スーツも スマホ 採寸で実現

三越伊勢丹オーダースーツ

 オーダースーツといえば、店に出向いてサイズを測ってやっとできるものだが、それが スマホ 一つで 採寸 できてしまう取り組みを百貨店も積極的に取り組んでいて、時代の変化を感じる次第である。 三越伊勢丹 は2020年6月10日から「Hi TAILOR(ハイ・テーラー)」で、 オーダー スーツ の取り扱いを開始すると発表した。今まではシャツだけだったが、今度はスーツも加わって、こちらもウェブのみで自動採寸 、生地の選定とその完成まで、完了させることができる。

三越伊勢丹、オーダースーツ 自動採寸 で自宅で完結

 「Hi TAILOR(ハイ・テーラー)」は、オンライン完結で、採寸は人の手を介さずに行う自動採寸を採用している。生地は紺・グレーや黒など約90種類を選定して、パターン開発からワンストップで行うことで、適正価格も実現させている。

 自動採寸は、自身の正面と側面2枚の写真だけで測定を完了させるもので、その採寸データをHi TAILORオリジナルのパターンデータと照合させている。お客さん一人ひとりに合わせた1着を仕立てることができる所以はそこにある。パターンデータはジャケットで500種類、パンツは60種類を用意。クラウド上の約30,000通りの組み合わせから最適なサイズを提案するので、好みに近いものが実現しやすい。

 生地は紺・グレーや黒など約90種類を選定。“きちんと見える”ことを意識したラインナップとなっている。中心価格帯の生地は多くのテーラー職人に愛用されてきた老舗の織物工場・葛利毛織工業社に依頼し、Hi TAILORの別注生地を特別に使用。気軽に選択できるようにと、ボタンや裏地などのカスタマイズはあえて極端なデザインを省き、一定の種類に厳選しているのだ。

スーツのオーダー方法 3step

  • 1. 商品を作る |最短3回のタップでカスタマイズが完了。
  • 約90種類の生地、もしくは4種類のデザイン(THE BASIC / TRAVELER / SENSE / CEREMONY)から選ぶ。おススメのパーツは“Hi TAILOR STANDARD”としてセットしてある。そのまま迷わず購入することも、好みに応じてカスタマイズを楽しむこともできる。
  • 2. サイズを決める |写真2枚のみで採寸。
  • 身長・体重を入力し、オンライン上でガイダンスに沿ってご自身の正面と側面の写真を撮影します。撮影後は好みのフィット感を選んで仕上がりを選びます。
  • 3. 到着商品 最短3週間で
  • 生産された商品は工場からお客さまのお手元へ直接お送りします。

オーダースーツ の商品開発では良質な素材感とシルエットを意識

 なお、土台となるスーツの商品開発に際しては“伝統的なイギリスのテーラーリング”をテーマに、堅くなりすぎないように工夫している。生地の品質には、紺・グレーや黒などのスタンダードなカラーのみを選定している。

 三越伊勢丹のバイヤーとベテランスタイリストの知見とナレッジを活用し、どのスタイルを選んでもきちんと見えるラインナップを揃えているのだ。

 品質にこだわり、長く使える一着を提供し、この中で三越伊勢丹が受け継ぐ、商品のこだわりを見せつつも、今の時代に即した、スマホでの採寸、簡単なカスタマイズで良いものを身近に、シンプルな方法で届けようというわけなのだ。

三越伊勢丹は 似合う洋服 のマッチングサービス『マッチパレット』を「伊勢丹新宿店」の婦人服で開始した、と発表した。彼らが着目したのは 体型 である。体型ごとに似合う服も異なるから、ここにデジタルを取り入れたのである。

三越伊勢丹 体型 を デジタル計測し 似合う 洋服 選出 より引用

 先日も、コナカの事例があったように、こうした親身なおもてなしに基づく、オーダーは増えてくると思う。そのなかで、百貨店は百貨店で大事にしてきたイズムをいかにして尊重しながら、時代に適応させて、顧客満足度を高めるか、新たなチャレンジはもう始まっているのだ。

関連記事

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!