1. HOME
  2. News
  3. リアル店戦略論
  4. 小売DX学
  5. 三越伊勢丹 2020年3月期 決算 技術革新が遅れたツケ

三越伊勢丹 2020年3月期 決算 技術革新が遅れたツケ

企業動向

 三越伊勢丹 ホールディングスは、昨日2020年5月11日、2020年3月期 決算発表を行った。通期連結業績に関しては、売上高は1兆1191億円でこれは前年比-6.5 %で776億円減、売上純利益は3227億円で前年比-7.3 %で225億円減、営業利益は3070億円で前年比-46.4 %で135億円減、経常利益は197億円で前年比-38.2%で122億円減となった。

三越伊勢丹 にとって耐え時 消費税増税の反動減、コロナ影響大

 百貨店においては、消費税増税前の駆け込み需要や基幹店のリモデル効果があり、宝飾品等の高額品は好調に推移。一方で、消費税増税の反動減、台風や新型コロナウイルス感染症予防の対策として行った店舗の営業自粛や営業時間の短縮が大きく影響し、既存店ベースで前年実績を大幅に下回っている。

三越伊勢丹の苦しい推移
三越伊勢丹の苦しい推移

 

2019年、伊勢丹新宿本店で、体験などを強化

 新たな取り組みとして、伊勢丹新宿本店で、化粧品フロアは2019年9月に本館2階にスキンケアを中心としたものとなり、 11月には本館1階にメイクアップ・フレグランスフロアが完成した。婦人靴フロアでは商品・コトの充実に加え、 デジタルを活用した新サービスも導入している。

 三越日本橋本店においては、本館では2019年5月に屋上日本橋庭園、8月に紳士フロア、ウォッチギ ャラリー、11月にジュエリーギャラリー、2020年3月に三越コンテンポラリーギャラリーがオープンした。新館では、2月に「ビックカメラ日本橋三越」に加え、 理美容室と写真室もオープンした他、3月には三越が保有する文化財や歴史資料の展示スペース「三越ア ーカイブス日本橋」がオープンした。 

ワイシャツのカスタムオーダー等オンライン連携も

 さらに、オンラインとの連携も始めており、2019年10月には、下記を立ち上げている。

  1. ワイシャツオンラインカスタムオーダーサービス「Hi TAILOR(ハイ・テーラー)」
  2. SNS、メールで贈り物ができるオンラインギフトブティック「MOO:D MARK by ISETAN(ムードマークバイイセタン)」
  3. 三越 伊勢丹クオリティの商品を集めた「三越伊勢丹ふるさと納税」

 また、2020年3月にはスタイリストがチャットで カウンセリングし定期的に洋服をお届けする「DROBE(ドローブ)」をスタートさせている。 具体的には下記のような説明を行なっている。

三越伊勢丹デジタル強化へ
三越伊勢丹デジタル強化へ
三越伊勢丹、デジタル化へ
三越伊勢丹、デジタル化へ
三越伊勢丹の新たな動き
三越伊勢丹の新たな動き

 とは言え、まだデジタルとの融合はまだ道半ばといったところで、次期(2021年3月期)の通期連結業績予想については、言及を控えた。それだけ、リアルに重きを置いた戦略であり、それは新型コロナウイルスの収束時期や、その後の景気回復動向が不透明であるなど、不確実要素が多く、合理的な予測をすることが困難だからだ。予想は現時点では未定とし、開示が可能となった時点で速やかに公表すると発言に留めている。

 様々時代の流れで、テクノロジーも進化しており、現に、ネット系の企業においてはそこまで大きな打撃を受けていないという部分もあり、三越伊勢丹ほどのブランドであれば、顧客との関係構築に「いち早く」テクノロジーを取り入れなかったツケが回ってきているのではないか、という印象は否めない。ただ、これからのデジタルとの融合で、百貨店としてのファンをいかに惹きつけるか、このコロナ禍における変化を期待したい。

 今日はこの辺で。

関連記事:三越伊勢丹 体型 を デジタル計測し 似合う 洋服 選出

関連記事:三越伊勢丹 、 伊勢丹新宿店 で変革 靴 の マッチング

関連記事:伊勢丹 “ランドセル”でコラボやLINE接客等、挑戦の2020年

 

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」