1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通販のやり方
  5. Shopify 楽天 が連携。自社サイトの個性を商店街に生かす

Shopify 楽天 が連携。自社サイトの個性を商店街に生かす

 先ほど 楽天 とShopify は 連携 して「Shopify」の利用店舗が「楽天市場」における店舗運営をできるように、支援するサービスを提供開始した。これにより、特に海外の「Shopify」利用店舗が、「楽天市場」を使えるなどして、ボーダレスになるというメリットはありそうだ。

楽天 と Shopify 各々の強み 連携 の意味あい

 ここでそもそも「Shopify」というのは何か?これは、カナダ発祥のShopifyという企業が立ち上げた「自社の通販サイト」を作るためのシステムであり、その開発・運営を助けるプラットフォーム。自分でサーバーを用意することもなく、サブスクリプションのビジネスモデルで簡単に開設できる強みを発揮して、170か国100万ショップ以上に導入されるまで成長を遂げている。

(追記)「Shopify」の方向性を理解しやすくする新施策の記事

 「Shipify」の強みであるのは、ネットショップをカスタマイズできる為のアプリが用意され、それを適宜、取り入れたりして、使うわけだが、常にそれらは更新されて、精度が高い。ここが評価される所以だ。

 さて、今回の連携を契機に、ここに「楽天市場」(JP)というアプリが登場することになる。これが、そのアプリだ。https://apps.shopify.com/rakuten-ichiba-jp

 下記のような形で、特に海外の「Shopify」利用店舗が、「楽天市場」を使えるわけだ。

楽天市場は、ネット上で店舗の個性際立つ商店街

 ちなみに、「楽天市場」というのは、今や「楽天経済圏」と言われるまでに、様々業態とアライアンスを組んで、そこに付加価値が生まれている反面で、原点はショップの個性を際立たせる「商店街」としての役割であり、その色は今も根強い。それはこう言ったリアルなイベントを、みてもわかるところで、Shopifyが目指す方向性にも近いので、親和性は高いように思える。

 これは、ここは推測の粋を脱しないが、以前から話している通り、ショッピングモールでのお客様の動きと、自社サイトでのお客様の動き、更にはリアルの動きも加えて、多面的にショップはお客様にアプローチをして、自らの存在意義を考えていく時代に差し掛かったということを示す事例でもあると僕は思っている。

 昨今、叫ばれるのはまさに、顧客と直接、より深く結びつくことで、自らとお客様の間に共感のコミュニティを生んで、そこでその価値の一つとして商品が生まれ、あらゆるチャネルで、そのエンゲージメントを高めていくという流れ。世界的にみても、日本のオンラインショッピングモールの利用価値というのは、ありそうに思う。

 今日はこの辺で。

関連記事:Shopify ウォルマート 連携 Amazon への対抗策になる理由

関連記事:楽天 が ウォルマート で 直販 “Rakuten Japan Direct”

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930