1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通信販売のやり方
  5. 吉田南歩 の感性が D2C でフォロワーに深く届く

吉田南歩 の感性が D2C でフォロワーに深く届く

吉田南歩さんは、アプリ「WEAR」公式認定されたWEARISTAで、インスタグラマーであり、彼女がディレクターを努める「neam(ニーム)」をZOZOTOWNでも販売を開始する

 D2C の動きが活性化していて、そこで感じるのはユーザーとの距離感である。物ありきではなく、どんなシーンを提案されて、そこに心が動かされるか、である。今日、ここで紹介する 吉田南歩 さんは、季節感を受け入れたナチュラルな着こなしである。

 吉田南歩さんは、アプリWEAR」公式認定されたWEARISTAで、インスタグラマーであり、彼女がディレクターを努める「neam(ニーム)」を、独自のオンラインサイトを展開しているが、今回、話題となっているのは、ZOZOTOWNでも販売を開始することで、また新たなフェーズを迎える。

吉田南歩 のWEARISTAとしての感性が D2C で生かされる

 吉田南歩さんは、大学在学時にサロンモデルを始めたことから、一気に夢が広がり、Instagramは17万人、コーデアプリWEARでは25万人以上のフォロワーを持ち、その後、2019年6月には「neam」ディレクターに就任した。

 ” fulfill my dream ――今日のわたしが夢を叶える”が、彼女の手により生まれた「neam(ニーム)」のブランドコンセプト。モテやトレンドよりも「自分らしさ」と「着心地」を大切にしたい女性の見方としており、自然なスタイルが売り。徹底的に着丈とシルエットにこだわったオリジナル商品が魅力的だ。

 冒頭では話した通り、ユーザーは商品そのものではなく商品に出会うきっかけを探しているのだ。何がミレニアム世代の女子の心を掴むのか、吉田南歩さんによる四季折々のコーディネートを示したいと思う。

〈春コーデ〉 ふんわり広がる裾のラインが女性らしさを演出するシャーリングワンピースにニットベストを合わせることによって甘すぎないコーデに。

吉田南歩さんは、アプリ「WEAR」公式認定されたWEARISTAで、インスタグラマーであり、彼女がディレクターを努める「neam(ニーム)」をZOZOTOWNでも販売を開始する

〈夏コーデ〉真夏でも風通しが良くサラッとした着心地のリネン混素材のセットアップに、neamのブランドカラーでもあるくすみグリーンのシャツを羽織って爽やかコーデ完成!太めのゴールドバングルがアクセントに。

吉田南歩さんは、アプリ「WEAR」公式認定されたWEARISTAで、インスタグラマーであり、彼女がディレクターを努める「neam(ニーム)」をZOZOTOWNでも販売を開始する

〈秋コーデ〉neamオリジナルトレーナーはショート丈なので様々なコーデに合わせていただけます。キレイめスタイルのワンショルのラップワンピとトレーナーを合わせることによってカジュアルな装いに♪ 

吉田南歩さんは、アプリ「WEAR」公式認定されたWEARISTAで、インスタグラマーであり、彼女がディレクターを努める「neam(ニーム)」をZOZOTOWNでも販売を開始する

〈冬コーデ〉フェミニン×ライダース。甘辛MIXもneamの得意なスタイルです。カーキ色のボアライダースにシャーリングワンピを合わせて甘すぎない大人可愛いスタイルが完成!小物の色を合わせることで全体のトーンが整います。

吉田南歩さんは、アプリ「WEAR」公式認定されたWEARISTAで、インスタグラマーであり、彼女がディレクターを努める「neam(ニーム)」をZOZOTOWNでも販売を開始する

フォロワーとの共感を大事にしていることがわかる

 これだけではなく、注目しているのは、昨年6月の開始から、毎月東京、大阪のどちらかでリアルな接点を作って、予約受注会のPOPUPストアを開催している点である。

 吉田南歩さんが来場者のコーディネートを選ぶ企画など、neamのフォロワーとの交流を行うなどして、フォロワーと吉田さんとが同じ目線で、コミュニティを形成していることが、ブランドとしての成長をもたらしているのだと思う。

 現に、土日の2日間で約300人以上が来店していて、吉田さんもきっとフォロワーとの交流を通して、フォロワーが望むテイストが思いつくヒントを編み出すこともあるに違いない。それがフォロワーにとって、心地よい居場所なり、そのコミュニティとしての価値を高めていると思うのだ。

 これもまた、今のものづくりの新たな姿勢。大事なのは、ブランドが大きいか小さいかではなく、誰にどれだけの深い価値と共感を生み出せるかなのである。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メルマガ会員登録してメディアに参加!