1. HOME
  2. News
  3. リアル店戦略論
  4. 小売DX学
  5. 家でも癒すカフェ“パンとエスプレッソと” 通販 に高鳴る

家でも癒すカフェ“パンとエスプレッソと” 通販 に高鳴る

パンとエスプレッソと。の食パン

 カフェのひと時は大事で、人を気分転換させ、新たな発想を醸成する場所でもある。ただ珈琲を飲めればいいのではない。今は外出自粛でその時間もないから、そのひとときが大事なのだ。だから、ベーカリーなどで有名なカフェ 「パンとエスプレッソと」 が本日から、ネット 通販 へと一歩踏み出したのは、歓迎したい。自宅で暮らす毎日に、素敵な要素をもたらすに違いないから。

“パンとエスプレッソと” の 通販 では、やわらかな「ムー」という食パンがお勧め

 カフェ好きとして勧めたいのは「ムー」。

 「ムー」とは柔らかいを意味し、手で持った瞬間、フワッともちもちした感触が広がり、バターの香りが漂う。6個セット、4個セットなどの他、メイプルシロップがついたフレンチトーストもある。カフェなので、TOSABORI ROASTERで焙煎したコーヒー豆「blend」を一緒に添えたいところだ。

 いっそ、お任せで、看板商品”ムー”を含む、パンが8~9個入っている下記の写真のようなセットを注文するのもいいのではないか。

パンとエスプレッソと。の食パン
パンとエスプレッソとの様々なパンを通販で楽しめる

 本来は、可愛らしい店のロゴとお洒落な店内、こだわり抜かれたパンの一つ一つを店で、体感して欲しいものだが、今は控えたい。

 その品質は通販になっても変わることはないし、何より、この店の名前にある「おうちでエスプレッソと」・・・仕事と、本と、マンガと、映画と、ゲームと…好みの「と」との時間を自分なりに加えて、その時を楽しめる要素を、という理念は、家でもきっと再現できるはずで、それを大事にしたい。

 昨今、家庭から聞かれる声は、外でやっていたことをいかに家に持ち込んで、新たなライフスタイルを形成するかである。だから、フライパンなど、料理グッズが売れているという話もよく耳にする。つまり、シーンを思い浮かべてものが売れているのである。

 これもまた、何気ない「カフェの時間」もまた、家に持ち込めるということでもあるわけだし、ここの商品は、それに応える商品の内容でもあると思うので、こういう形でネットが人々の気持ちを盛り立てることができれば、理想である。

 気持ちに自粛は必要ない。日常を素敵に変える要素として、お勧めしたい。

 今日はこの辺で。

 (参考 :「ムー」という名のオリジナル食パン。そこに焦点を当て、メインに据えた「 むうや 」の記事

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」