1. HOME
  2. News
  3. リアル販売のやり方
  4. 小売視点
  5. 三越伊勢丹 、 伊勢丹新宿店 で変革 靴 の マッチング

三越伊勢丹 、 伊勢丹新宿店 で変革 靴 の マッチング

 三越伊勢丹 はテクノロジーを通して顧客を知る努力をしようとしているのが垣間見れる。今回は、伊勢丹新宿店 で2020年3月25日から三越伊勢丹グループ初の 靴 のメンズ向け マッチング サービスを伊勢丹新宿店メンズ館から「YourFIT365 ISETAN MEN’S」を展開すると発表した。

「YourFIT365 ISETAN MEN’S」とは?

 これは2019年8月に、伊勢丹新宿店婦人靴で、ストレスのない靴の購買体験を提供する靴のマッチングサービスとしてやっていた“YourFIT365 (ユアフィット365)”をメンズドレスシューズに計測サービス範囲を拡大したもの。

 15秒の3D計測で自己の足形データがデジタル可視化され、店頭の商品から自分の足にあった靴が自動レコメンドされ、リアル店舗ならではの、シューカウンセラーによるコンサルティングサービスを受けることで、ビジネスシーンでも自分の感覚・好みにあった最適なドレスシューズを、伊勢丹新宿店メンズ館で見つけることができる。

 つまり、データに基づく顧客の深掘りをし、最適な一足をお勧めするレコメンド機能を備えて、利便性の向上とともに、リアルでのサービスを合わせることで、伊勢丹ならでは強みを発揮して、シームレスにショッピングができるということなのだ。

おもてなしがデータとリアルの融合によって変化

 今まで伊勢丹というのは、ブランドやメーカーなりが考えたテイストを提案して、それをお客様が選ぶというスタイルだったが、小売が顧客に合わせた提案になっているわけだ。

 つい先日、伊勢丹新宿店では、小柄女性のためのファッションイベント150㎝-ish”STYLE”を本館6階=催物場にて3月11日から16日にやっていた。今回は約30のブランドから、ウェアやシューズ、アクセサリー、アンダーウェアが登場。インフルエンサーやスタイリストとコラボした“小柄映え”アイテムも紹介する伊勢丹が今回提案したのは、150センチ程度のお客様を対象にしたコーナーになっていて、これが小売が顧客に合わせた提案なのだ。

 小売としては顧客との接点のあり方を見直し、豊富な商品が集まる百貨店のメリットを顧客一人一人のニーズに細かく対応できるための配慮へとつなげる為、ネットなどで利用されているテクノロジーを積極的に活用し、顧客とのエンゲージメントを高めていく狙いなのだろう。

 他の百貨店が例えば、東急百貨店が東横店をクローズして、別業態でその要素を生活シーンに合わせてコンパクトにして、提案型で「渋谷スクランブルスクエア」内に散りばめたりして、従来の形に拘らない姿勢を見せている中で、伊勢丹はその百貨店の形式をいかにかえることなく、ブランド価値を高めていくのかにこだわっていて、彼らなりの心意気を感じる取り組みであると思う。

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら