1. HOME
  2. News
  3. 小売DX学
  4. 物流・越境
  5. 通販とeコマース
  6. Amazon 、30都道府県で 初期設定 が 置き配 に

Amazon 、30都道府県で 初期設定 が 置き配 に

 Amazon は3月23日から顧客の注文時の配送オプションである「 置き配 指定サービス」を30都道府県(一部地域を除く)で配送方法の 初期設定 として提供開始する。つまり配送方法について、こちらからの特段の意向がない場合、在宅でも留守でも玄関に商品を届けることになる。顧客が置き配を希望しない場合は、注文画面を操作することで、対面での受け取りも引き続き選択できるようになる。

Amazon の動きをきっかけに 置き配 が標準化するか

 顧客の再配達による煩わしさを解消し、より便利に商品を受け取れるとする一方で、配送するドライバーの負担軽減や、二酸化炭素等の排出削減による環境負荷の軽減にも繋がると考えているようだ。

 なお、置き配は、発送通知メールに「発送業者: Amazon」と表示されている場合に利用できる。置き配場所の選択肢は「玄関」を初期設定とし、その他「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」のいずれかを選択できる。

 ただし、配送担当者がご指定の配達場所に入れない、配達場所を特定・使用できない、または配達場所が安全でない場合など、置き配指定サービスを利用できない場合もある。

多治見などの実証実験で、約50%の再配達削減

 実際、2019年11月6日から12月5日の1か月間、岐阜県多治見市で置き配指定を標準とした配送の実証実験を実施していたという。Amazonとして初の試みであり、期間中、多治見市にお住まいの顧客の約70%が置き配指定で商品を受け取ったという結果が出て、通常時の約50%の再配達削減につながった事も、後押ししたようだ。

 なお、その上で2020年1月から東京都江東区、文京区、練馬区、大阪府都島区、西淀川区、生野区、愛知県名古屋市、北海道札幌市で同様の実証実験を実施。気象条件が多様で、集合住宅と戸建住宅が混在する人口密集地域で、様々なライフスタイルのお客様に合わせた置き配指定サービス標準化の有効性を検証し、結果、約50%の再配達削減を実現した。

 「置き配」は、在宅勤務中など在宅していても手が離せない際の玄関での応対が不要。また家を不在にしがちなお客様も、商品を受け取るために在宅する必要がなく、現代の多様なライフスタイルに対応するとAmazonは説明している。これが今後のネット通販における配送の常識を変える節目になるだろうか。

今日はこの辺で。

Amazonに関する記事:Amazon の 成功要因 〜ベゾスの教えは世界を変えた

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」