1. HOME
  2. News
  3. GoodsNews
  4. プロダクト
  5. 福助 ストッキング 裏話 女性の“満足”は時代ごと異なる

福助 ストッキング 裏話 女性の“満足”は時代ごと異なる

 福助株式会社には、「満足」という基幹ブランドのストッキングがあって、交編編みストッキングが一般的であった1991年(平成3年)にデビューして、今でこそ主流となったゾッキ編みストッキング(サポート糸だけで編まれたストッキング)を日本に広めたブランドである。そして、2020年春、3年ぶりに刷新を図った。『満足』の特徴である“はき心地の良さ”を高めるため、糸から新たに開発。そこに福助らしいものづくり魂が垣間見れるのだ。

 ゾッキ編みストッキングを広めたその後、日本におけるストッキングは時代とともに求められる役割もさまざまに変化した。肌を美しく見せるため、脚を細く見せるため、ファッションのため・・・。そして、それに合わせ「満足」は丈夫さやはき心地といった機能面、ライフスタイルや体型の変化に伴う仕様面においてを常に刷新して来たわけだ。

 ただ、昨今、特に若年層の女性を中心にストッキング離れが進んでいるのだという。ただし、ストッキングは肌を美しく見せるだけでなく、着用することによって日焼け対策になるなど様々なメリットがある。それにもかかわらず、なぜストッキング離れが起こるのか。

 やはり、理由を聞けばもっともだ。ストッキングに対する印象としては「家に帰ったら早く脱ぎたい」「身につけるアイテムのなかで最も気分が下がる」「締め付けやムレを感じる」・・・といったネガティブな意見が非常に多いのも事実だったわけだ。

 難しいのは、ストッキングに対してある一定の評価があるが、煩わしさに抵抗があるわけで、ここでの改善が必要だったのである。そこで、“はきごこち”の良さはそのままに、「丈夫さ」との最適バランスを両立させるため、オリジナル糸を開発したというわけなのだ。

 また、従来のポリウレタンを使用したベルト状の細幅のウエスト設計から、伸縮性と柔軟性に富んだ素材を使用した太い幅のウエスト設計にすることで着用時のお腹周りの締め付け感を軽減した。

 腰回りもしっかりサポートして、前後編み分けでヒップ部を包み込む立体設計で、メリハリのあるスタイルに導く。

 気分が下がるのは、自分に合っていないと思うからかもしれない。そこで、自身の肌色に一番近いカラーを選ぶことを優先し、新「満足」はベージュ系だけでも8種類したのだという。

 また、ファッションや行事などに合わせてよく選ばれている3種類のカラーを加えた全11色という豊富なカラーバリエーションを揃えることにした。

 そして、評価したいのは、パッケージ。一般的なストッキングの場合、商品の顔であるパッケージに採用されているのは“妖艶で美しい女性の脚”。敢えて、従来の常識を覆し、採用したのが人気イラストレーターでありアーティストである長場雄さんのイラストである。

 長場さんには現代女性のファッションスタイルを通し、「満足」それぞれの特徴を感じていただけるような画を書き起こしてもらったわけだ。すると、足ではなくシーンで受け止めてもらえて、その印象はガラリと変わる。

 同世代に共感されるパッケージを提案すること、そして、先ずは「満足」を着用してもらう大きなきっかけが必要だと考えたのだった。

 商品というのは常に、ずっと同じものが通用するほど、優しいものではない。何かが当たり前に浸透すれば、そこに辟易する人だっている。今の時代にあったアプローチと、素材開発は、メーカーにとっていつの時代も欠かす事ができない要素なのではないかと思う。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト