1. HOME
  2. News
  3. 長州力 型破り ネット通販 “ハッシュドタグ”もグッズに

長州力 型破り ネット通販 “ハッシュドタグ”もグッズに

長州力ハッシュドタグ

 革命戦士 と言われたプロレスラー長州力は、SNSなどでも革命っぷりを発揮している。Twitterをメッセンジャーのようにして、呼びかけ、#を「 ハッシュドタグ 」と言ってみたり、フォロワーを唖然とさせるなど、今やプロレスファンならずともその名を知らない者はいないと言っても過言ではない。 その『長州力』の ネット通販 サイト「今日もどこかでパワーホール」がはじまったのだ。

長州力 らしいネット通販 で革命起こす? ハッシュドタグ のサンダル秀逸

 立ち上げたのは、秋葉原発モノヅクリのプロ、 インドア社で6月26日は、運命の引退試合6.26後楽園ホール「POWER HALL 2019 New Journey Begins」の日でもある。あれから、ちょうど1年である。ただ、思うに通販サイトが、単純に、プロレスラーとしての長州力に感慨に浸るために作ったつもりではないだろう。

 冒頭話した通り、長州力さんの頭の中は独創的であって、その枠にとらわれない表現をすることから、この通販サイトはそれを具現化しようという姿勢。普段使い出来る物から出来ない物まで、 インスタ映えする物から映えない物まで。玩具箱のような、ワクワクしえ開くような楽しさがも魅力である。

 とにかく長州力の頭に浮かんだ物作りたい物をカタチにして行く。昨今、データを重視のマーケティングも無視したその路線こそ、これまで反骨精神が滾り、プロレス業界の流れを変えてきた彼らしい、通販サイトではないかと思うのだ。

流行っているものと逆をいく

長州力ハッシュドタグ
長州力ハッシュドタグ

 長州力さんは、こう話す。「流行っているものを追いかけたって何も新しいものは生まれないんですよ。 むしろ逆を行くんです」。流石のコメントである。

 下記は、Shower Sandals -HashDtag-(¥3,300円(税込))であり、長州力さんがTwitterでハッシュタグを教えてもらったことを皆に得意げに「ハッシュドタグ 井長州力」と書いて、話題になった。「ハッシュドビーフ?#ではなく「井」?」とフォロワーならずともシェアしたくなる、奇想天外っぷりで、長州力さんの予想できない頭脳が発揮された瞬間であった。

 僕自身、プロレスが好きになったのはこの長州力さんである。腕を回してリキラリアットをするその勇ましさや新日本プロレスや全日本プロレスを垣根を越えて、引っ掻き回して、既成概念に捉われない活躍に、ワクワクさせられた。

「今日もどこかでパワーホール」の「パワーホール」というのは長州力さんの入場テーマ曲である。あの時、胸を高鳴らせながら、入場を待っていたように、この通販サイトのグッズが、毎日どこかで「パワーホール」の胸の高鳴りを演出してくれるだろう。

関連記事:藤波辰爾さんのネット通販サイト

 

関連記事

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!

Bitnami