1. HOME
  2. event
  3. 事業
  4. XPRICE、DCMと資本業務提携を発表

XPRICE、DCMと資本業務提携を発表

家電EC「XPRICE(エクスプライス)」等を運営するエクスプライスは、全国でホームセンター事業を展開するDCMホールディングスと資本業務提携を行うことを明らかにした。

その背景

エクスプライスは、2004年の創業以来ECに特化し、家電を中心とした豊富な品揃えと、お客様の安心・便利に寄り添うサービス展開を通じて、企業理念である「お客様の生活を豊かにする最高の満足と感動を」の実現に向けて事業を拡大してきた。

また、2021年4月より「家電ECならではの究極(Xtreme)のサービスを、信頼できる価格(PRICE)でご提供する」という想いを込めたリブランディングに取り組んできたのだ。

その結果、自社サイトにとどまらず楽天市場、PayPayモール、Yahoo!ショッピング及びAmazonをはじめとするECプラットフォームにも出店する日本最大級の専門店EC事業会社として、多くの賞を受賞するほどにまで成長を遂げることになった。

今回、企業理念の実現及びブランディングの推進、並びにさらなる家電EC事業の成長及び企業価値向上を実現するため、バリューチェーンの様々な分野でシナジーを発揮することができるDCMホールディングスとの資本業務提携に至ったのだ。

今後の展望に関して

エクスプライスの法人や経営陣等はこれまでと変わりなく、家電の仕入・販売は引き続き独立して行う。そのうえでDCMホールディングスの多様な経営資源を活かし、リアル店舗の活用や相互送客、非家電領域の品揃えの拡充、物流のスピードアップとコストダウン、上場企業としての信用力向上、資金力の強化など事業上のシナジーを創造し、お客様の安心・便利を追求していくという。

これによりエクスプライスの家電EC事業の成長を加速させるとともに、DCMグループにおけるデジタルシフト戦略の一翼を担い、相互の事業発展を目指すという。

関連記事:受賞の裏には挑戦あり 戦いの裏側 楽天 SOY 2021

What's new

未来へ続く | 事業