1. HOME
  2. event
  3. スポーツ
  4. NBA Japan Games 2022 presented by Rakuten 発表

NBA Japan Games 2022 presented by Rakuten 発表

バスケットボールに詳しくない人でも、 NBAは知っているだろう。北米で展開する男子プロバスケットボールリーグのことであり、実は昨今、楽天グループと NBAとの関係性は深い。NBAの試合を『NBA Rakuten』で国内独占配信するなどしている。そんな中で高らかに発表された「NBA Japan Games 2022 presented by Rakutenは、コロナ禍でどんよりムードをかっ飛ばすことができるだろうか。

その具体的な内容

先ほど、記者会見で発表されたところで言うと、プレシーズンゲームを開催。そこで、ゴールデンステート・ウォリアーズとワシントン・ウィザーズが対戦する。合計2試合、9月30日と10月2日、さいたまスーパーアリーナで実施する。日本で行われるNBAの試合としては、通算15試合目と16試合目になる。

6度のNBAチャンピオンを誇るゴールデンステート・ウォリアーズには現在、NBA 最優秀選手賞を2回獲得したステフィン・カリー選手や、これまでNBAオールスターに5回選出されているクレイ・トンプソン選手、NBAオールスターに4回選出され、2017年のNBA最優秀守備選手賞を受賞したドレイモンド・グリーン選手が在籍しているのだ。

また、ワシントン・ウィザーズには、八村 塁選手や、NBAオールスターに3回選出されているブラッドリー・ビール選手、2018年のNBAオールスターに選出されたクリスタプス・ポルジンギス選手が在籍している。

楽天とNBAの関係性

また、楽天とNBAは、「NBA Japan Games 2022 Presented by Rakuten」の開催にあたり、多くのマーケティングおよびマーチャンダイジングパートナーと連携していく。試合は日本国内向けに「NBA Rakuten」でライブ配信されるほか、日本国外200以上の国と地域のファンに向けても、テレビ、インターネット、およびソーシャルメディアで配信される予定。

ちなみに、楽天は、2017年にNBAとパートナーシップ契約を締結し、NBAの日本国内における独占的な放映・配信パートナーおよびグローバルにおけるマーケティングパートナーとなっている。日本のファンがNBAの試合や番組をワンストップで視聴できるNBA公式動画配信サービス「NBA Rakuten」では、現在行われている2021-22シーズンを配信しているのだ。

この発表の場に現れた楽天の会長兼社長 三木谷浩史さんは、「コロナ禍に見舞われ、長くその試合を観戦する機会から遠ざかっていた。2019年3年ぶりの開催で、日本の人たちにアメリカで活躍するプロのプレイヤーの観戦は、多くを熱狂させるでしょう」と語り、終始、明るい表情で、開催を心から喜んでいる様子だった。

NBA Properties, Inc. and Rakuten Group, Inc.

What's new

未来へ続く | スポーツ

今後のイベントはございません。