1. HOME
  2. News
  3. カルチャー
  4. トレンド
  5. コロナ禍 だから素敵な一瞬 伊勢半 KISSME への想い

コロナ禍 だから素敵な一瞬 伊勢半 KISSME への想い

 こういう世界観こそ大事だと思った。 コロナ禍 私たちはマスクをすることが日常になったからこそ、マスクの向こうの表情は受け手に特別な意味合いをもたらす。視点を変えて、そんな風に素敵さに気づかせてくれたのは、株式会社 伊勢半 。彼らはコスメを手がけているが自らの 「 KISSME 」というブランドで「会ったことあるのに、はじめまして。」というキャンペーンを開催。商品を持って、それを訴求したのだ。

 何より僕は、売るより前に、伝えたいメッセージあっての「商品」だなと気づかされた。今日、2020年12月7日から表参道駅ADウォールで「会ったことあるのに、はじめまして。展」を開催するなど行って、「KISSME」なりにメッセージを発信している。

 ことの背景には、伊勢半が20代~50代の女性を対象に実施した「ニューノーマル時代のリップメイク」調査がある。それによると、「ここ半年のマスクコミュニケーションにまつわる困ったこと」の上位に「相手の表情が読みにくくなった」があがるなど、多くの人がマスク着用によって、コミュニケーションに支障を感じていることが浮き彫りとなったことを明らかにしている。

 だから、メーカーとして何をしたかといえば、下記のようなYouTubeを手掛けたわけだ。一例を挙げるなら、保育士の先生。マスクをするようになってから出会った同僚の先生に、「マスクを取ったときの表情を見てみたいな」と言って、そして、マスクを外すシチュエーションを用意して、その表情に対して「初めまして」というのだ。コロナ前は顔の表情を見ることに、それほどに意味を感じていなかったけど、ネガティブをポジティブに変える発想だなと。

 そのシーンに乗せて、伊勢半は、マスクに口紅がつかず、口紅もきれいに保つことのできる「キスミー  リキッドリップシールド」を新たに開発、発売したというわけなのだ。商品は本来、誰かにとっての価値をもたらすものであり、その前提には必ず、人々の生活シーンがあるのではないかと思う。

 何気ないリップでも、そこにこんな風に「マスクを外す瞬間は特別な一瞬になるはず」と思い描き、そこにふさわしい仕様を用意することで、宝物に変わる。商品と消費者の生活が紐づいて、購入を促し、そして生活の一部となって、お客さんとなって、その後の繋がりを考える上ではこういうメッセージは大事だ。

会ったことあるのにはじめまして
会ったことあるのにはじめまして

 YOASOBIのボーカルikuraとしても活動している幾田りらさんが楽曲「ヒカリ」を書き下ろして、関わっていたりと、これも一つの戦略なのかな、と個人的には思いながらもピックアップしたのは、アパレルやコスメの業界では悲観する声が多い中で、少なからず人を思い、勇気付けようとするそのポジティブな姿勢が強く感じられたからだ。

 ものは考えようである。どんなものでもそうだ。いい時のことばかり思い浮かべても仕方なく、何を持って日常かなども定義できるものではない。現状の中で、何を考えていくべきか、だと思う。商品は実は、そうやって人々の気持ちを前向きにする力だってあるのだと思うから、それを応援したいのだ。そして、世の中の小売は、本来、そうやって人の背中を後押しするべきなのではないかと思う。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031