1. HOME
  2. News
  3. カルチャー
  4. 調査
  5. アクリル板2.5倍! 新しい生活様式 売れ筋 変化 ヤフー調べ

アクリル板2.5倍! 新しい生活様式 売れ筋 変化 ヤフー調べ

「Yahoo!ショッピング」のデータか

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、ニューノーマル へと移り、社会は一変している。全都道府県で5月25日に緊急事態宣言が解除されたが、政府は「新しい生活様式」を提起。消費は常に人々の生活に密着していることを象徴するように、新しい日常生活に必要な、業務向け・個人向け商品などが売れていることがデータとして現れているので、それをみてみよう。 ヤフー が運営する「Yahoo!ショッピング」のデータから考察した。

新しい生活様式 で変わる 売れ筋

 まず、飲食店、百貨店、その他多くのジャンルにおける接客における窓口で、飛沫感染を防ぐために、アクリル板の需要が増加し、5/25 〜31 のは前週比2.5倍となった。今でこそお馴染みになったが、スーパーなどのレジで見かける天井から吊り下げるビニールカーテンや、3面パーティションなども売れている。

アクリル板が売れている
アクリル板が売れている

 また、医療従事者だけであったのがスーパーの店員にも広がって売上が上がっているのがフェイスシールドで、5/25 〜31は前週比1.2倍。他にも子供用の帽子とフェイスシールドがセットになったものや、UVカット機能付きで日よけもできるサンバイザーなども人気が出ているという。

行動が変われば、必要なものも変わる

 公共交通機関を使う回数が劇的に減少して、売上が上がったのが自転車であり、5/25 〜31は前週比1.5倍!折りたためる自転車や初心者向けのロードバイクなど、さまざまな種類の自転車が売れていて、5/25週の前年同週比は1.7倍と前年と比較しても好調。

移動は自転車に変化
移動は自転車に変化

ドアオープナーは前週比2.7倍。スティックタイプでふたを閉めると自動的に消毒されるもの、通気性がよく、これからの季節に活躍する夏用手袋など、直接触れない感染対策が進むものと思われる。

 先日のデータでもアパレルは伸び悩んでいるが、ジョギングで使うのでネックウォーマーが売れていたりと、今まで売れていたことがこれから売れることの理由にならず、逆にいうと発想次第で、全く考えもしなかったものが脚光を浴びる可能性を秘めているのだ。

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら