1. HOME
  2. News
  3. 決算結果
  4. 経済・企業
  5. PayPay は Yahoo!JAPAN に続く“第2のメディア”か ZHD2020年通期決算

PayPay は Yahoo!JAPAN に続く“第2のメディア”か ZHD2020年通期決算

 もはや PayPay は Yahoo!JAPAN に次ぐ“第2のメディア”だなと思った。PayPayはリアルで誰しもが関わる決済でマスへのアプローチができる強力な武器なのである。つまり、メディアだ。ヤフー、LINEを傘下に持つ Zホールディングス株式会社の2020年通期第4四半期の決算発表会を聞き、思ったことだ。彼らの狙いはPayPayでマスへとアプローチして、LINEで距離を縮める。Smart Store Projectなどを使い、企業がそれを活用する機会を作って、超PayPay祭のような花火をあげて、全方位で存在感を発揮していく狙いなのだ。

 まず実績からであるが、2020年通期で見ると、売上収益が1.20兆円(YOYで14.5%増)で2年連続で2桁成長をしていて、ショッピング事業の成長が牽引している格好だ。

 ショッピング事業はYOYで45.1%増で大きく成長。「超PayPay祭」が前回実績比で取扱高57%増、訪問者数10%増、CVR38%増、客単価6%増と取扱高を筆頭に大きく飛躍したことが大きい。

 ネット通販はどうしても限られたマーケットである。そこで、マスに対してアプローチして、効果を最大化させる上では、PayPayの活用が有効なのだろう。彼らはこれをフックにPayPayでの高い浸透度を背景にして、結果、このネットとリアル両方を股にかけた勝負のセールで最大限、効果を発揮した格好である。

 さらに、リユース事業に関してもPayPayフリマの成長率も5.7%増(2019年は1.3%減少)と伸びていて、eコマース取扱高全体で見ると3兆円を突破して3.22兆円(2019年通期は2.59兆円)となった。

 なお、PayPay単体での決済の力に関してであるが2020年第4四半期で見ると、決済回数は6億1559万回(YOYで1.6倍)、加盟店は316万店(YOY1.5倍)、登録者3803万人(YOY1.4倍)となって、いずれも伸びていて、川邊健太郎さんは「交通系の電子マネーに匹敵する」と胸を張った。確かにこれだけQRコード決済が肉薄するとは、2年前想像できない人も多かったのではないか。

 今後に目を向けると、ネット通販に絡んで注目されるところは、Smart Store Projectだろう。言うなれば、これはBASEやShopifyのような自社ドメインの通販サイトを作ることができるツールであり、ここで新たな利用企業を獲得していくことで、eコマース取扱高を上げていくものと考えられる。

 「今更なぜ、自社ドメインの通販サイトなのか?」といえば、独自ドメインの課題である集客の部分でここまでの彼らの仕掛けが生きるからである。具体的には、PayPay加盟店に対して提供したり、LINEの公式アカウント利用企業に提供するわけである。形が違えどそれぞれにお客様との関係構築がある。だから、これをフックにネット通販でお金に繋がるように仕向けることができるわけだ。しかも、LINEの接客はCRMの観点からの強みがある。自社ドメイン通販サイトにおける問題を解決してくれるから、後発でもやる意味があると考えているわけである。

ヤフー・LINE経営統合の記者会見より

 語弊がある言い方かもしれないが、その点でBASEやShopifyよりも強みがあるので、彼らが描く戦略がここにも繋がってくると、経済圏の強化とともに、eコマースの底上げができる。リアルの店舗のDXの推進を図れるものであり、ネットが不慣れな人ほど、彼らの戦略が奏功するわけである。

 ちなみに、個人的な見解であるが、今は「決済」を軸にした経済圏の争いが見られるが、恐らくその戦いの舞台はこの「リアルネットの相互の利用における最大化=オムニチャネル」に及んでいくと思われる。確か、楽天ファッションがオムニチャネルを強化するのも、夏であり、このSmart store projectも同じ時期リリースである。

PayPay は Yahoo!JAPAN に続く 第2のメディア と思う理由

 ということで、Zホールディングスにおいては(ネット通販にそこまで馴染みのない人も)PayPayをフックにしてマスへのアプローチを本格化させるものと思われ、その意味でいうと、PayPayがYahoo! JAPANに続く第二の“メディア”なのであり、ここを通じて、あらゆる発信をしていくものと思われるわけだ。

 ある意味、Yahoo!JAPANがネットの中で不特定多数の人を集め、そこでの広告収益をベースにしていたところから確実に個々のお客様へのアプローチを強化し自らのデータを活用して、特定ユーザーへの貢献度合いを上げていく方向へと路線を変えてきたことは明確であり、もうヤフーは違う会社へとかわろうしているのかもしれない。その意味も込めてのPayPay Yahoo!JAPAN に続く 第2のメディアと書いた次第だ。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト