1. HOME
  2. News
  3. 経営判断
  4. 経済・企業戦略
  5. サンリオ エイベックス ・アジア 合弁会社 東南アジア照準  

サンリオ エイベックス ・アジア 合弁会社 東南アジア照準  

企業動向

 株式会社 サンリオ と エイベックス 株式会社の100%子会社Avex Asia Pte. Ltd.(以下: エイベックス・アジア )は、サンリオが保有、新規開発するキャラクターを活用するライセンスビジネスに関する分野において、東南アジア地域を管轄する合弁会社をシンガポールに設立することを合意した。

 サンリオは、海外事業の中でもアジア地域のライセンスビジネス強化を目指し、特に成長著しい東南アジア地域での営業強化を模索。

 一方、エイベックス・アジアは、日本のコンテンツを総合的に広げていくことを目的に設立し、アジア地域においてエイベックスの保有するIPのみならず、様々なIPを活用したイベント開催やグッズ販売などのライセンスビジネスを行ってきたのだ。

 合弁会社は、サンリオのキャラクタービジネス経験・ノウハウ、キャラクターブランド力等と、エイベックス・アジアが保有するビジネス経験・ノウハウ等を活用していくとしている。

 そして、東南アジア地域におけるライセンスビジネスの拡大を狙い、サンリオが保有、新規開発するキャラクターの価値最大化を図り、同地域での両社の事業展開を進めていく。

 将来的には、エイベックスが保有するIPとサンリオが保有、新規開発するキャラクターのコラボレーションなどの展開も検討している。

  • ■合弁会社の概要(予定)
  • 名称:SANRIO SOUTH EAST ASIA PTE. LTD.
  • (読み:サンリオ サウスイースト アジア)
  • 所在地:3 Fraser Street #05-21, Duo Tower Singapore 189352
  • 代表者の役職・氏名:代表取締役会長: 辻󠄀 朋邦 (サンリオ 代表取締役社長)
  • 代表取締役社長 CEO: 髙橋 俊太(エイベックス・アジア 代表取締役社長)
  • 設立予定:2020年11月2日
  • 営業開始予定:2021年1月
  • 事業内容:東南アジア地域(シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ブルネイ)におけるサンリオグループが保有するキャラクターを活用するライセンスビジネス
  • 資本金:2,000,000USドル
  • 株主構成:サンリオ 70%、エイベックス・アジア 30%

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ会員登録してメディアに参加!