1. HOME
  2. News
  3. 取組実行
  4. 経済・企業戦略
  5. 楽天モバイル、5G プラン 月額2980円 300万名 1年間無料

楽天モバイル、5G プラン 月額2980円 300万名 1年間無料

 楽天株式会社の会長 兼社長の三木谷浩史さんは、「 楽天モバイル 」の 5G サービスの発表会に登壇し、Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)を発表し「タダ5G」を高らかに宣言した。

 どういうことか。Rakuten UN-LIMIT V(ファイブ)は、今回、5G向けに提案する唯一のプランであり、金額は月額2980円(税別)。今までの4Gのプランと全く同じ価格帯で、4Gと5Gの両方、使えるというもので、300万名に関しては、1年間無料とした。この部分をとって「タダ5G」と言い方をしている。

 5Gのエリアとしては、東京都、神奈川県など、6都道府県の一部地域からスタートして、順次拡大していくとした。

 また、合わせて、楽天自ら「Rakuten BIG」という5G端末を発表し、4眼AIカメラが内蔵で、69800円(税別)で提供することを発表した。冒頭の写真、三木谷さんが手にしているのは、それである。

 また、三木谷さんは「Rakuten LINK」というアプリの重要性を説いており、電話、SMS、チャット、ペイメントなど、全てがこのアプリで完結するようにしている。つまり、ここがゲートウェイになるという意味である。経済圏の様々なサービスにアクセスして、それらのポイントを有効活用させるベースがここで整うわけである。

関連記事:楽天オンラインEXPO 三木谷 氏 モバイル 物流 に未来託す

 その楽天ポイントに関しては、冒頭、常務執行役員 CMO 河野奈保さんが楽天経済圏の価値に触れている通り、年間ポイントの発行数3200億超、累計発行ポイントは2兆ポイント超が流通しており、多くの人にとって生活の一部として定着していることを強調した。

 ここは、ネット通販で伸ばしてきた企業ということもあり、ここで、楽天モバイルとネット通販との親和性の高さも強調していたのが印象的で、この辺は、楽天市場の店舗を配慮しているようにも思われる。ネット通販を盛り上げる要素である、と。

 彼らとしては、この楽天モバイルをフックに、来る5Gで存在感を出しながら、経済圏の利用を触発して、「Rakuten LINK」の利用を促し、クロスユースの度合いを高めて、企業価値を高めていくことになるだろう。

 楽天モバイルのプランの金額に目が行きがちであるが、どちらかというと、この携帯事業だけで成立させるわけではなく、これらの投資が、いずれ経済圏に返ってくる意味合いが強い。従来にない発想で挑む理由は、そこでの実績をフックにしたものであろう。

 これが何を意味するかというと、昨日のNTTによるNTTドコモの完全子会社化の話題もそうだが、縦割りではなく、相互に関係性を持ち、アライアンスの発想で、企業価値を上げていく流れを押し進めることとなり、今後、経済圏での覇権争いは激しくなるのではないか。

 かつて、楽天は「楽天市場」という場所を作り出すことで、集客を担ってきたけど、それだけでは果たせなくなったと言える。それは時代の流れだ。集客させる一つの手段が「経済圏」である。経済圏の起点がモバイルである。

 少なからず、小売においては、これらのモバイルでの競争や活性化を利用しながら、いかに新規顧客を自らの店なりに導き、そして、今度は、自らの店のファンに変えて、長く関係性を築いていけるか、そこが肝心なところになるだろう。物事が変わるのは一瞬だ。時代の変化を、うまく利用して、自分たちの価値へと変えたいところだ。

今日はこの辺で。

 

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メルマガ会員登録してメディアに参加!