1. HOME
  2. News
  3. 取組実行
  4. 経済・企業戦略
  5. 林商店 コロナ禍、洋服の“廃棄ロス”を救う プロジェクト

林商店 コロナ禍、洋服の“廃棄ロス”を救う プロジェクト

林商店の廃棄ロスを防ぐ行動

 実直に68年、メンズアパレルと向き合って共に成長してきたからこその想い。名古屋にあって、通販サイト「インポートセレクトショップでらでら」やリアル店舗「オクテッドナゴヤ」などを運営する 林商店 が一つの想いを形にした。新型コロナウイルス感染症の影響で、営業自粛となりキャンセルとなった大量の洋服の 廃棄ロス を救おうというものであり「SAVE THE CLOTHES PROJECT」と名づけられた プロジェクト を立ち上げたのだ。

“廃棄ロス” に 林商店 が示した道筋がこの プロジェクト

 もとより、アパレル業界においては、季節の移り変わりにより売れ残った衣類が生まれて販売機会のロスが生まれやすい現状にあったのも事実。

 それが課題でもあったと思うが、それがいかに深刻かは、昨今においては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、世界で起きるアパレルや衣料品小売の経営破綻などを見れば、よく分かる。国内も現時点、外出自粛ムードでその機会損失の歯止めはできているとは言えず、それを見過ごしていては本当に、アパレルにおける明るい未来を取り戻せないと考えている。

皆がハッピーに「SAVE THE CLOTHES PROJECT」

 だから「SAVE THE CLOTHES PROJECT」。コンセプトは「洋服好きによる、洋服好きのための、洋服を廃棄ロスから救う」。専用ページを作り、林商店がネット通販で得てきた知見を持って、それを販売する機会を設けたわけだ。

 多くのファッションアパレルが、着ることで人の気持ちを盛りあげてきたように、今度はそんな全国のファッションをこよなく愛する人たちが、作るひと、売るひとを盛り立てる番である。着るひとと共に、作るひとも、売るひともハッピーになろうよ、そう呼びかけているのだ。

まずはクルーネックTシャツ・VネックTシャツなど

 「SAVE THE CLOTHES PROJECT」の購入ページでは、本来アパレルショップに並ぶはずであった大量のキャンセル品から林商店が選んだ商品が並んでいて、それを購入することができる。

 第一弾として、これからの季節にもさらっと快適に着こなせるジャガード織り(プリントではなく、模様を直接編み込んでつくった涼感の高級生地。生地自体が立体的になるのが特徴)のクルーネック(丸首)Tシャツ・VネックTシャツ5種類を販売する。

 アパレルのビジネスモデルを根本的に見直す契機につなげていく意味でも、まずはここで生まれている廃棄ロスの課題を解決させて、皆で、先を見据えて、この難局を乗り切ろうではないか。

※このプロジェクトでは、まさに今も最前線で戦っている医療現場の方々を支援するために設立された「新型コロナウイルス医療崩壊を防ぐための支援(Yahoo!基金)」へ、1枚の販売につき10円を寄付するそうだ。

関連記事

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!