1. HOME
  2. News
  3. カルチャー
  4. キャラ談
  5. 調査
  6. インフルエンサー 20代影響大 トレンダーズ 調査

インフルエンサー 20代影響大 トレンダーズ 調査

 SNSの普及とともに、消費に大きな影響を与えるようになった「 インフルエンサー 」。彼ら・彼女らがSNSで紹介したことをきっかけにヒットした例は、年々増加の一途をたどっている。昨今、女性向けの商品やサービスでこれらの影響力が発揮されることも多く、戦略上のヒントになれば、と今回 トレンダーズ 株式会社が実施した「インフルエンサー好感度調査」を取り上げようと思う。生活者が抱くインフルエンサーのイメージや好感度を探るべく、20~40代女性527名を対象に意識調査を実施したのだ。

トレンダーズ の インフルエンサー 調査で分かったこと

 まず、「現在、好きなインフルエンサーがいるか」と質問したところ、「はい」と答えたのは31.5%で、約3人に1人という結果。世代別で見てみると、20代で「はい」と答えたのは46.8%、30代では29.2%、40代では23.3%となっている。20代については半数近い数字なのである。

 特に「インフルエンサーのSNS投稿がきっかけで、何かに興味を持った/何かを買った経験」については、「ある」という回答が52.2%という結果になった。世代別に見ると、20代は72.3%となっており、「インフルエンサー消費」が当たり前になっていることがうかがえる(30代:48.5%、40代:41.9%)。

 つまり、商品そのものだけでなく、インフルエンサーの信用や世界観がフックとなって、商品に付加価値を与えていることを示すデータであると思う。

 なお、PR(タイアップ)投稿に対するイメージについても トレンダーズ は調査を実施していて、「 インフルエンサー のPR(タイアップ)投稿に好感を抱いたことはあるか」と聞いてみたところ、「ある」と答えたのは37.9%、約4割という結果になっている。※「PR投稿がわからない」と答えた方は除外(有効回答数:354)

 20代に限っては「PR投稿に好感を抱いたことがある」という答えが49.5%と、約半数にのぼります(30代:33.1%、40代:33.3%)。 インフルエンサー はある特定のジャンルのプロフェッショナルであることも少なくなく、PRである以上に、その インフルエンサー のプレゼン力によるところが大きいのだろうか。

SNS別で見ると、Instagramの影響が大

 また、「好感を抱く インフルエンサー が、最も多いと感じるSNS」についてはInstagramが57.2%で断トツ。続いてYouTube(26.5%)、Twitter(11.4%)、TikTok(3.6%)、ブログ(1.2%)と続いている。

 次に「SNSで好感を抱く インフルエンサー の条件」について。回答の上位5つは、1位「表現方法が魅力的(言葉づかい、画像加工、イラスト等)」(63.3%)、2位「専門知識やノウハウを伝えてくれる」(45.2%)、3位「憧れの姿や世界を見せてくれる」(42.2%)、4位「飾らない素のキャラクターが伝わる」(41.6%)、5位「自分と似た感覚を持っている」(32.5%)となっている。

 フォロワーの多さといった上辺の情報よりも、「どんな投稿をしているか」という中身の部分が重要視されているというわけである。世代別に見てみると、違った傾向が見えてきているのが興味深くて、「憧れの姿や世界を見せてくれる」の項目については、20代が60.6%、30代が24.0%、40代が36.0%と、20代の数字が大きい。

 人生観などがまだ固まっていない中で インフルエンサー の考え方を参考にする傾向が多いということなのだろうか。「専門知識やノウハウを伝えてくれる」についても、同様の傾向が見られる(20代:53.0%、30代:42.0%、40代:38.0%)。

 上記のことからすると、商品に関しても専門的知識とそれがその人の生活をもたらすことを示すことで、より一層、結果をもたらすことになりそうに思う。

 
 
 

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索