1. HOME
  2. News
  3. キャラコンテンツ
  4. ライセンサー(戦略)
  5. トムとジェリー イベント開催で 映画 公開 花を添える

トムとジェリー イベント開催で 映画 公開 花を添える

 ワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、ネコのトムとネズミのジェリーが追いかけっこを繰り返す、幅広い世代に愛されている「トムとジェリー」の実写 映画 『 トムとジェリー 』を3月19日に公開することを記念して、キャラクターの世界を心ゆくまで楽しむ イベント 「トムとジェリー カートゥーン・カーニバル」を開催。このイベントは2021年3月12日より ラフォーレミュージアム原宿 にてスタート、その後全国を巡回する。

 「トムとジェリー」は、1940年、ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラの2人組が世に送り出した短編作品。ネコとネズミのドタバタ劇は瞬く間に人気を博し、第1作でアカデミー賞®ノミネート作品となり、その後も快進撃を続け、7回のアカデミー賞®に輝く大ヒットシリーズとなった。2020年には誕生80周年を迎え、アメリカ文化の象徴として、長きに渡り世界中の人々を魅了し続けている。

 今回のイベントの皮切りとなるラフォーレ原宿では、過去最大規模の取組みとして、2021年3月12日(金)から2021年4月4日(日)までの期間、館内約25ショップにて「トムとジェリー」をテーマにしたコラボ商品企画「Tom and Jerry CARTOON CARNIVAL COLLECTION in LAFORET HARAJUKU」を展開する。

【第1章】 アニメーションの名作『トムとジェリー』 / 新作映画『トムとジェリー』
1940年に誕生して以来、おいかけっこを繰り返してきたトムとジェリー。長い歴史が一目でわかる資料の展示やアニメーション作品やスケッチの展示に加え、コミックアートの世界がみなさまをお出迎え。最新作である実写映画からもキャラクター設定画や場面写真を公開

【第2章】 カートゥーン・カーニバルへようこそ
トムとジェリーの歩みを体感した後に登場するのは、“カートゥーン カーニバル”の大きなサイネージと、トムとジェリーが行進しているようなにぎやかなグラフィックの数々。不思議な空間が魅力のトリックアートや楽しいアートで、トムとジェリーの世界に入って写真を撮るというもの

【第3章】 コテンパンにやられちゃったミュージアム
トムとジェリーのアニメ―ションでは、コテンパンにやられて変形してしまったトムの姿はお馴染みであるが、本エリアでは、トムに加え、おもしろおかしく変形してしまったジェリーやタフィーも登場する。名作シーンの映像と共に、立体フィギュアなどもあり、楽しみの幅も広がっている。

【第4章】 大好物!ジェリーのチーズの世界
ジェリーが大好きなチーズだらけ!!巨大チーズオブジェは、まるで自分がジェリーになったような気分を体感できる。

【第5章】 トムジェリ大好きアーティストたちが作るコラボ作品
トムとジェリーが大好きなアーティスト・クリエイターによる、コラボレーション作品を一挙展示。(現在、予定されているアーティストは、ア・メリカ(イラストレーター) / 犬ん子(イラストレーター) / おちゃっぴ (粘土アーティスト)/ キム・ソンヘ(シャンデリアアーティスト) / きゃらきゃらマキアート(漫画家・イラストレーター)  /坂啓典(紙工作作家・グラフィックデザイナー)ヒグチユウコ(画家・絵本作家) / ムラバヤシケンジ(木彫アーティスト)など)。

 「トムとジェリー」とコラボレーションしたファッションアイテムを限定販売し、国内初出しとなる「CARTOON CARNIVAL」のイラストを使用したファッションアイテムも発売するというから注目したい。一部店舗では、3月5日(金)から先行予約を受け付ける。また、期間中は「トムとジェリー」のフェイスフィルターや館内限定のARコンテンツも用意する。

  • ■会 期:2021年3月12日(金)~3月28日(日)※会期中無休
  • ■時間:11時~20時(最終日は午後5時閉場/入場は閉場の30分前まで)  ※予定
  • ■会場:ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区神宮前 1-11-6 ラフォーレ原宿 6F)
  • ■主催:トムとジェリー カートゥーン・カーニバル実行委員会(松屋銀座)
  • ■入場料:一般1,000円(800円)小中学生500円(400円) ()内は前売り料金
  • ■前売り:ローソンにて3月11日まで販売予定
  • ■公式HP:https://wwws.warnerbros.co.jp/tomandjerry/
  •    または トムとジェリー公式サイト ワーナーブラザース で検索
  • ■問合せ :松屋銀座03-3567-1211(大代表)

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト