1. HOME
  2. News
  3. キャラアニメ・動画・絵本
  4. キャラ談
  5. ライセンスビジネス
  6. アニメ 大家さんと僕 2021年は 原作にないオリジナルも

アニメ 大家さんと僕 2021年は 原作にないオリジナルも

 吉本興業に所属するカラテカ・矢部太郎さん。彼が描いた『 大家さんと僕 』。舞台は東京・新宿区のはずれの一軒家。1階に住むおばあちゃんの大家さんとのほのぼのとしてほっこりあたたかな日常が描かれている。なにせ、これが彼のマンガ家デビュー作である。第11~15話がNHK総合で3月24日夜11時45分から5話連続で放送されることになった。

大家さんとのほのぼのストーリー

 『 大家さんと僕 』は第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞し、シリーズ累計120万部を突破する押しも押されもせぬ人気漫画。これまでもアニメ化もされていて、定期的に5話ずつ公開されていたが、待望の新作 アニメである。

 どこか人間味溢れていて、良い。

 主人公である「僕」がポラロイドカメラで大家さんの私物についての写真を撮っていた。玉虫のブローチ、指輪、ネックレスなど数々の品の写真を撮る「僕」。その隣で、大家さんは撮った写真に何か書き添えていて…何を書き添えていたのかというと、、、。そんな第11話のタイトルは「遺品の整理」。

 第13話には、原作漫画で人気の後輩芸人「のちゃーん」が本人役として登場。第14話「花火」は原作にはないアニメオリジナルのエピソードになっており、原作で中身を知っているファンも楽しめる趣向。

原作にもない物語に矢部さんも興奮

 矢部太郎さんは、嬉しそうに、こう話す。

 「今回はなんと、アニメオリジナルのお話も作られました。僕と大家さんが花火を見るお話です。原作にはない物語に、僕が一番興奮しています」。その見所に関しては「原作で大家さんの次に人気のキャラ(僕よりも!)である後輩芸人のちゃーんも登場するシーン」を挙げた。「本人自ら声を演じていて……目立ちすぎです」と笑う。

 思えば、シーズン1が放送された昨年3月。

大切な誰かを思うきっかけに

「先の見えない不安な夜。そこで。アニメ『大家さんと僕』をたくさんの方と観て、感想を頂いたことで僕自身救われた思いがありました。」と彼自身も、感慨深くそのアニメ化を振り返る。

 そして「まだまだ大変な時が続きます。ですが、おやすみ前のひとときに、ご覧になって、大切な誰かのことを思ってもらえたら幸いです」。そんな彼らしいあたたかな言葉で締めたのである。主題歌は、第1~10話に引き続き、数々の名曲を生み出してきた矢野顕子さん。

 本作品のために書き下ろした『大家さんと僕』。改めて、矢野顕子さんの描く世界観とピッタリマッチしている。ゆったりとした時間に奏でるピアノが印象的なのである。

 何気ない日常に存在する、何気ない人の優しさ、可愛らしさ。それを潜ませた、おばあちゃんの大家さんとのほのぼのとしてほっこりあたたかな生活。それらは、見るものを心をほっこりさせてくれるはずだ。

 是非、家でみんなで。

今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

最近の記事