1. HOME
  2. News
  3. キャラクター市場
  4. 版権元・窓口の動き
  5. SWIMMER 新船頭 Patty’s や IP4 で 商品 ライセンス 再船出

SWIMMER 新船頭 Patty’s や IP4 で 商品 ライセンス 再船出

swimmer

 玩具箱をひっくり返したような、彩豊かな店内は今でも脳裏に焼き付いている。約30年の長きにわたり愛され、 2018年にその幕を閉じた「 SWIMMER 」は、全国の Patty’sなどを展開する株式会社パティズのもと、声高らかに2020年、復活の時を迎えた。合わせて、アイピーフォー株式会社( IP4 )はその ライセンス 窓口として、そのブランドの盛り上がりに花を添える。

SWIMMER ライセンス 展開の背景

 「SWIMMER」は、動物やスイーツなどをモチーフにして、可愛らしいデザインが特徴のブランドで、好奇心旺盛な乙女心を魅了していた。上記の通り、一旦、それらが扱われるお店は2018年で閉店となったが、株式会社パティズへ、そのブランドは譲渡されていた。

 ここが「SWIMMER」にとっての転機。株式会社パティズは、これまでPatty’sなど100店舗以上の雑貨店を展開していることから、そこで培ってきた商品知識や経験を活かし、このブランドの商品企画・販売の再開の機会の時をうかがっていたのだ。

 それが2020年であり、更なるこのブランドの発展のために、ライセンスも開始して、そのライセンス窓口として選ばれたのが、アイピーフォーなのである。

売り場で世界観を伝えられる強さ

 僕が思うに、女性にとってみれば、キャラクターが存在しても、その世界観を伝える売り場こそが大事。その点、「SWIMMER」は既にPatty’sの店舗にそのコーナーが展開されるので、商品並びにキャラの魅力が伝えやすい。その意味では、新規ライセンシーにとっては、販路開拓や、ブランド戦略をすすめやすいだろう。

 また、アイピーフォーによれば「キャラクターによっては世界観にこだわるあまり、作家の熱量がかえって商品化の妨げになることもある。だが、このブランドにおいては商品とともに成長しているキャラなので、商品化への理解がある。ライセンシーの発想などは積極的に受け入れる方針」としており、各社の創意工夫がお互いを高め合うだけの、伸び代がある。

 思うに、最近では、メルカリなどでも、母親の洋服を現代に着こなす女子が当たり前に存在する。その中で、30〜40代には認知され懐かしく、また10代〜20代にはレトロポップ調が、大いに受け入れられるだけの下地はある。

 船頭が変わって、意気軒昂。それぞれの持ち味を最大限に活かす、その相乗効果で、かつて以上の盛り上がりを「SWIMMER」に期待したいと思う。まさに、「SWIMMER」、大いなる期待を背負っての再船出である。

(参考)SWIMMER 公式アカウント(2020年10月16日開設)
Twitter        :https://twitter.com/SWIMMER_Prom (フォロワー30000人)
Instagram    :https://www.instagram.com/swimmer_prom/?hl=ja
HP        :https://www.pattys.jp/swimmer

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ会員登録してメディアに参加!