1. HOME
  2. News
  3. キャラ談
  4. 大手キャラ・ライセンス戦略
  5. サンリオキャラクター大賞 2020 発表 キャラを通し 愛 届け

サンリオキャラクター大賞 2020 発表 キャラを通し 愛 届け

サンリオキャラクター大賞2020百花繚乱

 サンリオ は、今年で35回目となるサンリオキャラクターの人気投票企画「 2020 年 サンリオキャラクター大賞 」の最終結果を 発表 した。今年のテーマは「わたしの想い、あのコに届け」。そこには、世界中の友だちの「だいすきだよ!」など各自にある「想い」を、お気に入りのキャラクターへの1票に乗せて届けて欲しいというメッセージが込められているそうだが、この企業らしい“本心”が見えている。

 「ギフトは貰う人も嬉しいが、プレゼントする側も嬉しい。その橋渡しをする存在になりたい。」

 僕はまだキャラクター業界紙の駆け出し記者時代、辻信太郎社長から新卒当時に聞き、感銘を受けた。その核となるメッセージは時代を越えても、変わっていなことが良くわかる。それが35回目の歴史に続くんだろう。

 さて、話が逸れてしまった。本題である。2020 年の第1位は「シナモロール」(1,387,152票獲得・昨年2位)となった。速報・中間発表1位からそのまま逃げ切り、2018年から2年ぶり3度目の1位に返り咲いた格好だ。第2位は「ポムポムプリン」(1,288,245票・昨年3位)、第3位には1996年以来、24年ぶりのTOP3入りを果たした「ポチャッコ」(1,013,927票・昨年5位)が続いた。

サンリオキャラクター大賞ベスト3
サンリオキャラクター大賞ベスト3

サンリオキャラクター大賞 2020 ウェブ投票伸び、投票数過去最高の 結果

 4月10日から投票をスタートさせ、今回は、コロナ禍で、サンリオショップでの店頭投票やイベントの開催が難しかった中でも、WEB投票を中心に票が集まり、総得票数が過去最高の1,455万6,939票に上ったのだった。

サンリオキャラクター大賞順位
サンリオキャラクター大賞順位

yoshikittyがタニタ賞。フランス、ドイツ、ブラジルでは1位だった

  また、今回特別賞として「タニタ賞」を発表。今年のキャラクター大賞公式コラボグッズとして発売した、タニタ「サンリオキャラクター歩数計」の購入予約数が一番多かったキャラクターに贈られる同賞は、「yoshikitty」が受賞した。なお、実は、YOSHIKI事務所によれば、 yoshikittyはフランスで1位、 ドイツ1位、 ブラジル1位、 そして中国で2位の快挙を成し遂げた。 総合では6位を獲得し、 5年連続トップ10入りを果たした。

yoshikitty
yoshikitty

 これを受けて、「デジタルヘルスメーター yoshikittyモデル」(4400円(税込))の発売が決定し、 6月9日から7月31日までタニタオンラインショップで予約を受け付ける。商品の発送は10月上旬以降を予定。「デジタルヘルスメーター」の商品化と合わせて、「サンリオキャラクター歩数計 yoshikittyモデル」を100台限定で再受け付けする。

 また、YOSHIKIも「yoshikittyへ投票をしてくれたファンのみんなに感謝しています。日本はもちろんのこと、 世界各国でこれだけ健闘できて嬉しいです。
みんなに感謝の意味を込めてyoshikittyのテーマ曲も作曲しようかな(笑)。
(YOSHIKIはハローキティの公式テーマ曲も作曲している)
それに限らず、 少しでもみんなに恩返しできるように今後も素敵な音楽を届けたいと思います。 ありがとう」とコメントをしている。

YouTuberの「まあたそ」と「ハンギョドン」がコラボ大賞

 なお、2013年に始まり、今年第8回目を迎えた「2020年サンリオキャラクター大賞コラボ部門」は、企業や地方自治体とコラボしたキャラクター26組がエントリー。接戦の末、YouTuberの「まあたそ」と「ハンギョドン」のコラボレーションが1位を獲得したのだ。

 なお、上のピックアップにも書いた通り、キャラクター大賞1位のシナモロールは、それを記念して、ミュージックビデオ公開後から4週間で10万回再生を超え大反響の「ふれーふれーがんばれー!」の音楽配信が決定した。詳細は近日、Cinnamoroll MUSIC OFFICIAL SITEにて公開予定だ。 

 また、サンリオキャラクター大賞に合わせる形で、2020年9月中旬、「サンリオキャラクター大賞」がセブン-イレブン、イトーヨーカドーの「当りくじ」に登場することも発表された。それによれば、上位にランクインしたキャラクターたちが賞品として登場するスペシャル企画である。”はずれなし”で、かわいい景品が必ず当るくじ引きとなっている。

サンリオキャラクター大賞の授賞式が終われば、また始まり。

 思うに、サンリオキャラクター大賞の授賞式は、「始まり」であると思う。ここを起点に、ブレイクしたキャラクターが上記の通り、音楽配信や、商品化などを通して、特別な一年をまた過ごすことになるし、また、来年のキャラクター大賞でさらなる飛躍を誓い、それぞれのキャラが踏み出すものであるから。サンリオキャラの新たな一年が始まる

 あの時の辻慎太郎さんの言葉が今も僕の心に残っていて、時を経て、今もこのメディアの立ち上げをする勇気をもらったように、この会社の愛はその都度、都度、いろんな人に夢を与えてくれる。今回、史上最高の投票を通して、キャラクターに向けられた想いは、人を温かく包み込み、やや停滞ムードのこの世の中に燦然と輝く太陽の存在となるに違いない。人々に夢と希望と笑顔を持してくれるサンリオらしい、また新たな一年を期待して。

 今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

最新記事

人気記事アラカルト

検索