1. HOME
  2. News
  3. キャラの取り組み
  4. ライセンシー(販売)
  5. 熊野筆 と 坂崎千春 さん “ペンギン” コラボ、伝統と革新

熊野筆 と 坂崎千春 さん “ペンギン” コラボ、伝統と革新

坂崎千春さんのペンギンと熊野筆のコラボ

 ぐぅう可愛い。語り継がれる伝統は常に革新の中で進化している。ヒキダシは、 広島県熊野町で受け継がれる伝統技法のメイクブラシ「 熊野筆 」にて、 イラストレーター 坂崎千春 さんの描く「 ペンギン 」をモチーフにしたフェイスブラシ「ペンギンクマノフデ(熊野筆)」の展開をスタートする。

坂崎千春 さんの馴染みのある ペンギン と 熊野筆 の伝統の遭遇

 坂崎千春さんはステーショナリーメーカーの制作室勤務を経て、1998年に独立。以降、フリーランスのイラストレーター、絵本作家として活動しており、手掛けたものとしてはJR東日本の「Suicaのペンギン」などが有名だ。

 このキャラクターをメイクブラシで再現するのは、伝統技法を誇る日本一の筆産地、広島県熊野町の職人。ひとつひとつ心を込めて丁寧に作り上げるメイクブラシで、名付けて「ペンギンクマノフデ(熊野筆)」。 

ペンギンが熊野筆に!
ペンギンが熊野筆に!

 職人の手仕事により、黒と白の2色の原毛を、毛先を切らずに丁寧に整えていくことで、愛らしいペンギンの顔を毛先に描き出した。軸は、ペンギンをイメージして、マットブラックに着色した「桜の木」を使用。軸の底面には、毛先と同じくペンギンの顔を、刻印により配している。

 緻密な手仕事により表現されるフェイスブラシは、熊野の職人の熟練した技術を要する、まさに工芸品とも呼ぶべき逸品。また、パッケージには、温かみのある「貼り箱」を採用。坂崎千春さんが本商品のために特別に描きおろした、クマノフデを手にするペンギンのイラストを箔押ししている。

 なお、日本一の筆産地である熊野の書筆は、1975年(昭和50年)に経済産業大臣(旧通商産業大臣)により「伝統的工芸品」の指定を受けたもの。伝統的な技術や技法、使用する原材料に至るまで細かく定め、熊野の地で筆づくりをおこなっていくことで、「熊野筆」はその高いブランド力を今も守り続けている。

 普段、熊野筆に触れない人も、このキャラクターがきっかけで手にとることもあるだろう。手にとれば、その質の高さもわかるだろう。お互いがお互いの魅力を引き出す契機となる。だからこそ、その挑戦に拍手を送りたいし、その完成品は実力ゆえの品質だ。

坂崎千春さんコメント

今回、コラボレーションのお話をいただき、
どんなものが出来上がるのか、ずっとわくわくしていました。
ペンギンの絵を、職人さんたちが原毛を1本ずつ整えて形にしていくと知り、
その作業の緻密さに驚きました。
出来上がった「ペンギンクマノフデ」は手仕事ならではの温かみが感じられて、
メイクをするときにはもちろん、そっと毛先に触れてみたり、ただ眺めているだけでも、
愛おしい…
実用品として、工芸品として、ただそこに在る愛くるしいものとして、
そばに置いていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

  • 【商品概要】商品名:さかざきちはる ペンギンクマノフデ(熊野筆)フェイスブラシ
  • 価格:5,500円+税
  • 素材:山羊毛(毛)、桜(軸)
  • 生産地:広島県安芸郡熊野町
  • 発売日:2020年5月20日(水)
  • 発売元:株式会社ヒキダシ
  • 製造元:株式会社晃祐堂
  • 著作権表記:© Chiharu Sakazaki
  • 商品詳細: https://hkds.tokyo/item/KOYCSP01.html

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト