1. HOME
  2. News
  3. 事業・実行
  4. 新・小売り学
  5. 社会・経済
  6. 楽天ペイ に Suica 導入 チャージ する程、ポイント還元

楽天ペイ に Suica 導入 チャージ する程、ポイント還元

楽天ペイの中でSuicaを発行できるように

 楽天ペイメントと東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)はスマホアプリ決済サービス「 楽天ペイ (アプリ決済)」において「Suica」の機能を利用できる。「 楽天ペイ 」アプリ内で「 Suica 」の「発行」や「 チャージ 」ができ、チャージをすることで楽天 ポイント の還元もある。

楽天ペイ 内で Suica 発行 の仕方 これで チャージ 可 ポイント も貯まる

 では、「楽天ペイ」アプリ内でのSuica発行の仕方である。モバイルSuicaを入れている人は、「楽天ペイ」アプリで「楽天ペイでSuicaをはじめよう」という表示が出てから2ステップで完了。持っていない人でも、モバイルSuicaへの登録をすれば良い。楽天IDを使えばこれも自動入力でき、登録情報が反映されるので3ステップ。楽である。

 動画で解説するとこのような感じである。

 当然ながら「楽天ペイ」アプリを使って、全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約94万店舗で「Suica」による支払いが可能となる。更に、Suicaの支払い元を「楽天カード」に設定すると、「楽天ペイ」アプリで「Suica」にチャージすることで200円につき1ポイントの「楽天ポイント」を貯められるようになる。

交通機関の支払いで、楽天カードの利用頻度も増加しそう

 Suicaを使って移動する人は、楽天カードを利用すれば、そのチャージのたびに、楽天ポイントが溜まるようになる。今後、さらなるサービスの向上として、「楽天ペイ」アプリ内で「楽天ポイント」から「Suica」へのチャージもできるようになる予定であり、楽天ポイントを貯める価値自体も向上する。

 このサービスは「おサイフケータイ®」機能が搭載されたAndroid™端末に対応。では、iPhoneを利用している人はどうなるのか。

 「楽天ペイ」アプリ内のリンクキャンペーンページに飛んで、エントリーを行う。その上で「モバイルSuica」アプリ内か「Apple Pay」で「楽天カード」を利用して「Suica」チャージするのだ。すると200円につき1ポイントの「楽天ポイント」を貯められる。

 iPhoneにおいても、モバイルSuicaを使っている人にとってはポイントが貯まるのであれば、Apple Payの支払い元を楽天カードに切り替えることモアろう。ポイントを貯めつつ、チャージをする流れは生まれる可能性は高い。

交通機関での移動がポイントに繋がることで、楽天ポイントがたまりやすくなる

 これを、楽天の事業モデルとして捉えるならば、楽天カードを強化するための策ではないか。楽天ペイにSuicaが導入されれば、楽天ペイで定期などのSuicaを利用する人が増加し、チャージを含めた交通機関での移動費の支払い方法がお得な楽天カードへと変わっていくのは、特に都心部では大きな価値を持つ。

 これをやり続ければ、自ずと楽天ポイントが貯まることになるので、それを最大化させるために、日常での「楽天ペイ」内の「楽天キャッシュ」の利用機会も増加するので、そこでポイントを貯めていく流れもできる。

 「 楽天ペイ (アプリ決済)」で「楽天ポイント」か「 楽天キャッシュ 」でQRコード支払いすると100円(税込)につき1ポイント(1%)の楽天ポイントが還元される。

楽天ペイ レジで 楽天キャッシュ 利用で ポイント還元

 これが何を意味するかと言うと、楽天カードの利用機会の創出となって、さらに、経済圏を活性化させるわけである。他とは違う、交通系のポイント獲得ができるという意味で、非常に他との差別化要因は強く、楽天としても、この連携を強調するのは、経済圏を盤石にするという意味で、企業価値にも関わる大事なものだからなのである。

今日はこの辺で。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索