1. HOME
  2. News
  3. 小売コンテンツ
  4. 通販とeコマース
  5. ECオリジン“COOOLa”物流に個性を

ECオリジン“COOOLa”物流に個性を

 今や、通販企業はお客様とダイレクトに結びつく時代で、だからこそ自社で通販サイトを構築できる意味を感じている。GMOシステムコンサルティング株式会社が運営する「 ECオリジン 」もまたそれが具現化できるサイト構築のツールであるけれど、そのカスタマイズできる度合いが連携により広がっている。先日も、株式会社ブライセンが提供するクラウド型倉庫管理システム「 COOOLa (クーラ)」とサービス連携を開始した。

 この連携により、「ECオリジン」でECサイトを構築する事業者は「COOOLa」と連携するためのシステム開発コストや構築期間を最小限に抑え、業務の効率化を図ることが可能となった。

 物流においては、入庫、出庫、在庫管理などをデジタル化する、いわゆる倉庫管理システム(WMS)が重要で、ただそれを導入するにも、独自の機能を追加するなどのカスタマイズが必要がある。そこで、カスタマイズしやすく、利便性の高い倉庫管理システムを実現させたのが、「COOOLa(クーラ)」なのである。

 これまでは別のものとして、それぞれ連携させるために、通販企業側が動かなければならなかったものが、この両社の連携により、その必要がなくなった。オリジナリティある「ECオリジン」の通販サイト作りと、独自性を持たせたバックヤードを担う「COOOLa」の親和性は高いわけだから、この連携を利用しない手はないだろう。

 かつてであれば、独自性を出すのも、コストも手間もかかっていた。しかし、これからはその必要もなくなっていくだろう。それだけ、通販企業が取り組む上でのシステム上のハードルは下がっているわけで、だからこそ、通販企業側の姿勢が問われることになるだろう。

 何をしたくて、どんな付加価値をつけて、お客様にサービスを提供するのかに立ち帰り、より上手にこういう要素を取り入れて、確固たる個性を放ち、激しい競争に耐えうる力を備えるべきである。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト