1. HOME
  2. News
  3. 小売DX学
  4. 販促・SNS
  5. 通販とeコマース
  6. 週末モデル 空き時間でモデル撮影 BASEで販促

週末モデル 空き時間でモデル撮影 BASEで販促

ファッションモデル

 コロナ 禍、個人の時代を後押しし、人々の「働き方」やその個人の活かし方が変えようとしている。これが小売に新たな機会を創出している。身近なところで言えば、何気ない個人が、副業でモデル撮影を行えるようにして、利用企業とモデルの双方が直接会わずに、モデル撮影が完結できる「リモフォト」である。

コロナ 禍の 働き方 の変貌は 個人ブランド 後押し。eコマースも拡大?

 モノクロムが運営する「週末モデル」では、何気ない個人が、副業でモデル撮影を行えるプラットフォームであって、副業でモデルの仕事をしたい人と、キャスティング費を安く抑えつつリアルで身近なモデルを起用したい企業のマッチングアプリである。

 2017年12月のサービス開始以降、約2年で10代から60代までの幅広い年齢層のOL、栄養士、看護師、主婦などさまざまな職業をもつ女性が約4,000名登録し、利用企業も約1,000社となっている。さらに、ここで新型コロナウイルス感染症に伴って、外出自粛となっていることから、この両者が会わずとも、撮影ができてしまう環境が生まれている。それが「リモフォト」なのである。

 企業はモデルに商品を送り、モデルは郵送された商品を使用して在宅・近隣屋外で自撮りもしくは家族等が撮影を行う。マイクロインフルエンサーとしても活躍する約4,000名の週末モデルの中から、依頼商品との相性などを考慮しマッチングを行います。プランは3種類で、3コーディネート3万円の「ライト」から用意されている。

そこから派生してBASEと連携

  では、この機能をどう活かすか。

 名乗りを挙げたのがBASE。BASEのオプションでこれらを利用できるようにする。

 BASEで販売する事業者はこの手段を通じて、自らの商品をプロモーションできると言うわけだ。働き方が多様化して、才能を発揮する機会を後押しするし、それでお店の売り上げ向上に繋げられるというわけである。

 ECを通じて、働き方の多様化とプロモーションのあり方両方に新しい風を送る動きである。

 参考記事:コロナ後 ライフスタイル 消費意識 がどう変化? ifs 調査

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事