1. HOME
  2. News
  3. 小売視点
  4. 通販のやり方
  5. Facebook Shop 米で本格稼働 SNS で 買い物 する時代へ

Facebook Shop 米で本格稼働 SNS で 買い物 する時代へ

Facebook Shop 本格稼働 SNS で 買い物 する時代へ

 人類総eコマース時代が到来するのかもしれない。Facebookはこのほど、まずはアメリカを起点として、シームレスなショッピング体験ができる「 Facebook Shop 」を本格 稼働 させている。既にショップ作りが簡単にできるサイトも完成しているのだ。InstagramやFacebookなど SNS をフックにして、無料のデジタル店舗が行え、 買い物 ができることの衝撃はやはり大きいと思う。

個の時代に勢い SNSで買い物できる Facebook Shop

 作成にあたっては、「コマースマネージャー」という仕組みを使って行う。これはFacebookとInstagramで商品を販売し、ショップを管理するうえで役立つツールセットである。

spearmint-cm

 これを使えば、ショップを自由にカスタマイズして、目を引くコレクションで商品を紹介することができるようになる。

Shop Builder Null State Product Tour-1.3

 商品は「カタログマネージャー」というカタログを管理するためのツールがあって、これが「コマースマネージャー」と連携している。販売するアイテムの追加や、売り切れアイテムの更新、アイテムの画像や説明の変更などが、スムーズに行うことができるわけだ。

 こうなると、リアルでのロケーション関係なく、それぞれが商品さえ持っていれば、Facebookのデスクトップ、モバイル、そしてInstagramをプラットフォームにして、販売ができるというわけだ。

 集客という部分においても、彼らが人と人とを繋ぐプラットフォームを持っていることは非常に大きい。Facebookビジネスページ、Instagramビジネスプロフィール、Instagramストーリーズをきっかけに、その商品を見つけて購入できるようになる、というわけである。

関係性が創造する買い物のあり方

 今後、eコマースであることそのものは差別化要因にはならず、その中で、企業(もしくは人)が何を販売するのか、という部分のブランディングが大事になりそうに思う。今回のFacebook Shopの本格稼働を見ると、企業や人が自分たちは何たるかを発信するかの大事さを思う。そして、ポリシーがあるから、生まれる人と人との付き合い、企業と人との向き合い方も、深くなる。その価値が、そのまま、ショッピングでの結果に直結する時代になっていくと言えよう。

 誰でも発信ができて、拡散もできる時代。だけど、匿名性で人を揶揄するものも増えて、ネットの弊害もあるだろう。だからこそ、その反面、信用が大事な時代になっていくのではないかと思われる。ネット上での向き合い方が問われる世の中になるだろう。その延長線上で、ショッピングというのもあるように思うので、これまで以上に、売ることより、売り以前の自分たちなりのメッセージが問われるだろう。

 

 

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31