1. HOME
  2. News
  3. 商品開発
  4. 小売視点
  5. 青山フラワーマーケット “ミルラ”の 香りを商品で実現

青山フラワーマーケット “ミルラ”の 香りを商品で実現

青山フラワーマーケットの薔薇の香りへこだわりが秀逸

 パーク・コーポレーションがリアルの店舗などで運営する「Aoyama Flower Market(以下、青山フラワーマーケット)」は、花や緑に囲まれた心ゆたかなライフスタイルを提供する、人気の花屋。この花屋ならでは発想をもとにして、再現度が難しいと言われるバラの 香り “ミルラ” に挑戦し、そのハンドクリームが完成し、販売に至ったので注目した。

青山フラワーマーケット が “ミルラ”の 香り にたどり着くまで

 そもそもバラの香りは7種に分類され、その一つである「ミルラ」は甘さの中にほのかな苦みを感じさせる複雑さに特徴がある。これまでは、イングリッシュローズに多く見られる「ミルラ」の香りは、再現が難しいとされてきた。

 ただ、今回、バラにこだわる青山フラワーマーケットは、このハンドクリームの中でそれを忠実に表現することが可能となった。その背景には、2017年からロングセラーとなっている「花屋が作ったハンドクリーム ローズ」シリーズがあって今回はもう5作目となり、これまでのローズの香りに真摯に向き合ってきた経験をもとに、「ローズ ミルラ 」は生まれた。本物のローズミルラの香りを求めて3年の歳月をかけて、誕生した逸品である。

一般的なバラの香りとは一線を画す香りのハンドクリーム

 ムスクのようなパウダリーな香りの中に、ニッキやハッカを思わせるスパイシー香がアクセントになっている。人によっては、お菓子作りなどに使用するスパイス「アニス」に近いともいわれている。私たちが一般的に想像するバラの香りとは一線を画す、個性を持った香りなのだ。

 この神秘的な香りに止まること無く、成分にも拘りが見える。このシリーズのハンドクリームはハイブリッドローズエキスを配合しており、保湿機能面にも優れている。常に水を使うため、手が荒れがちな花屋スタッフにも愛用者が多いアイテムである。

 使うたび、バラの香りに癒やされるし、しっかり潤うのだから当然だ。香りは心に優しく、成分は体に優しい。青山フラワーマーケットらしい華のある提案に、お客様は酔いしれることだろう。

■商品概要
商品名:青山フラワーマーケット オリジナルハンドクリーム ローズミルラ
発売日:2020年5月22日
販売店舗:全国の青山フラワーマーケット店舗 および オンラインショップ
内容量:約50g 
販売価格:1,320円(税込)

青山フラワーマーケット:https://www.aoyamaflowermarket.com/

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら