1. HOME
  2. News
  3. 基礎「小売」学習
  4. 小売DX学
  5. 抑えておきたい社会情勢
  6. 三菱UFJ銀行 WOVN.io 導入で 多言語対応

三菱UFJ銀行 WOVN.io 導入で 多言語対応

 三菱UFJ銀行 のホームページ、及び「三菱UFJダイレクト」(ネットバンキング)には、Webサイト多言語化ソリューション「 WOVN.io (ウォーブン・ドットアイオー)」が導入され、2020年2月から 多言語対応 でサービス提供を開始したそうだ。

 その内容に迫る前に、ここで質問である。
 昨今において日本で当たり前に、生活する外国人の数が増えている印象があるが、在留外国人の数はどのくらいいるのだろうか。

 答えは273万1093人。実は、前年末に比べ16万9245人(6.6%)増加であり、この数字は過去最高のものであるらしい(平成30年末の在留外国人数:法務省)。

日本に住む海外の人に三菱UFJ銀行が考えたのは

 これまで、日本はどうしても島国ゆえに、日本で完結させようとする節があるが、あらゆるサービスが外国人にとって使いやすく変化することは、海外の人が日本で生活しているする人が増えつつある中で、必要な変化である。

 中でも、最近は、ネット上で何事も解決しやすい世の中になってきているからこそ、ここの部分で多言語化させることのメリットは大きくて、その部分で、銀行が動いた。三菱UFJ銀行は、そこに向けて一歩踏み出したことになる。

コストを抑えて、銀行の顧客満足度をUP

 三菱UFJ銀行としては、在留外国人が日本で生活をする上での課題として金融サービス利用時の不便性があげられていて、日本語での会話に支障がない場合であっても、読み書きに自信のない外国人にとって、金融サービスを利用することは非常に困難だったことから、基本的な手続機能をインターネットバンキングで提供する上で、日本語以外の言語の必要性を感じ、多言語対応に踏み切ったというわけなのだ。

 三菱UFJ銀行においても、膨大な開発リソースやコストをかけることなく、スピーディーな多言語化を図りたいわけで、既存システムを使って多言語化を容易にする「WOVN.io」がうまくそのニーズに応えた格好だ。

 環境は変わり、サービスの内容は変わっていく。

 銀行のような生活に密着するサービスがネットを活用しているおかげで、そのネット環境であれば、なんであれ、それを低コストで多言語化するなどの「WOVN.io」のような補完するサービスがあるのはプラスであって、それが機能して、顧客満足度の向上に繋がるのは、今に相応しい時代の流れになのかもしれない。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら

検索

YouTube「145チャンネル」