1. HOME
  2. News
  3. リアル店舗
  4. 在庫管理・配送
  5. 新・小売り学
  6. ヤフー イオン九州 連携 PayPayダッシュ は30分程で届く

ヤフー イオン九州 連携 PayPayダッシュ は30分程で届く

 今後は小売企業と顧客の間の配送に、プラットフォーマーが関わってくるのが標準となるのだろうか。 ヤフー は イオン九州 と組んで、即時配達サービス「 PayPayダッシュ 」の実証実験を、2020年3月16日から開始すると発表した。「PayPayダッシュ」によるの実証実験は福岡県天神エリア限定で、イオンショッパーズ福岡店の約150種類の商品を、注文から最短30分で自転車で配達するものである。これに合わせて、本日から「PayPayダッシュ」のアプリを提供開始している。

ヤフー と イオン九州 を繋ぐ PayPayダッシュ

1.イオン九州とソフトバンクがもたらす物流の変革 

 この実証実験というのは、物流分野においてイオン九州と、ソフトバンク株式会社やそのグループ企業が連携する施策の第2弾として実施する。そもそも第一弾はなんだったのか。実は、昨夏、イオン九州株式会社とヤフーの親会社であるソフトバンク株式会社が物流分野で協業しており、特にネットスーパーの改革を行っている。

 具体的には、2019年6月から夜間配送の需要調査としてイオンショッパーズ福岡店のネットスーパーの注文品を、夜間22~23時を含む時間帯にお客さま宅へ配送するなどして、それまでどの会社もやれていない、ネットスーパーの注文品を22時以降に夜間配送するということを行っていたのだ。

 これは、本来のネットスーパーのメリットであるはず、当日の受け取りニーズが高い生鮮食品で、ネットスーパーの利用が十分に進んでいない状況があったことを受けてのことだ。そうなる理由は、常時配送車両のトラックを一定数確保する必要があり、余分なコストの発生や急な需要の変化に対応できないなどの課題があって、即日配送や夜間配送に十分な対応ができていないからなのだ。

 そこで登場するのはCBcloudの配送マッチングサービス「PickGo」である。これを活用して、荷量に応じて必要な時に、必要な車両数だけを手配し、地域の登録ドライバーとマッチングして配送を行おうというわけである。

2.PayPayは変貌する物流を逆に自らの強みに変える

この続きを閲覧するには会員ログインが必要です。
会員登録がお済みの方はログインページより、ログインし記事の続きをお楽しみください。
未登録の場合は会員についてをご確認いただき、会員登録をお願いいたします。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索