1. HOME
  2. News
  3. 商品開発
  4. 小売視点
  5. COHINA が「155cm以下の パンプス 」で新たな一手。

COHINA が「155cm以下の パンプス 」で新たな一手。

パンプス

 今、商品を購入するキッカケは、マスのメディアだけではなく顧客自身の価値観なのかもしれないと思う。 COHINA は、まさにそれを思わせる「155cm以下の小柄女性」をターゲットにしたブランド兼ショップで、そこが新たな仕掛けをしてきており、アパレルの延長線上にある靴。 パンプス にも本腰を入れるということだ。

COHINA が洋服の次に仕掛けてきたのは パンプス

 ご存知ない人のために説明をすると、同店は、インスタグラムなどを使って「155cm以下でのお洒落」という価値観を提供し、ユーザーの共感を集めた上で、相応しいアパレルの提案をしてきている。

 アパレルをきっかけに、掴んだ小柄女性の気持ちに答え、その体型に寄りそうアイテムを拡充させているのであるが、それが パンプス なのだ。それにあたって、神戸拠点のシューズブランド「FOREMOS marco」とコラボし、そのテーマに沿った春パンプスを用意。国内生産ならではの高いクオリティと、優れたデザイン性で、これまでアパレルで心を掴んできた女性を違った形で、それぞれの春を応援する。

 程よい透け感のシースルー素材×通年使えるスエード調素材の組み合わせで、「可愛いデザインが少ない」と悩む足の小さな女性の悩みを解消する。4cmのチャンキーヒールは安定感があり、実用性も抜群だとしている。

 大事なのは、「大きいサイズをそのまま小さくするのではなく、足の小さい人のための木型を作ることにより、小柄さんの足が一番綺麗に見える形を追究しました」と同社が語っている点。

 既存商品を顧客が合わせるのではなく、顧客のニーズに合わせて商品を作ることで、熱狂的なファンを創造している。これはもはや155センチ以下の小柄さんによる文化だ。多様化する女子の感性に応える、仕組みと提案力と、喜ばせている現実に拍手を送りたい。 

関連記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

メルマガ会員登録してメディアに参加!

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら