1. HOME
  2. News
  3. モール/出店/出品
  4. 小売DX学
  5. 通販とeコマース
  6. 楽天 が ファッション ビジネス に注力し始めた理由 ファッションウィーク東京 冠スポンサーに

楽天 が ファッション ビジネス に注力し始めた理由 ファッションウィーク東京 冠スポンサーに

 ZOZOのヤフー子会社化からまだ日が浅いなか、運命の巡り合わせか、楽天 三木谷浩史会長 兼 社長が ファッションウィーク東京 の記者会見に関係者と現れた。「Fashion Week Tokyo」の冠スポンサーとなって ファッション の領域に本腰を入れていく発表をしたのだ。ファッションのイメージが薄い楽天が、ファッション の ビジネス を強化していく意図はなぜに生まれたのだろうか?

楽天 ファッション ビジネス へ ファッションウィーク東京 との化学反応

1.Fashion Weekとは?

 今回、楽天がスポンサードする「Fashion Week」は年2回、パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークなど、世界の名だたるファッション都市で開催されているファッションの祭典だ。一見すると、楽天に強いファッションのイメージはないように思えるが、そうではないと、三木谷さんは語気を強める。

 楽天は自らもネット通販で「楽天ブランドアベニュー」というプラットフォームを持っているが、ここには既に1000を超えるブランドが名を連ねていて、ファッション関連事業においてはZOZOの1.5倍だという。6000億円の流通総額を誇り、ファッションの機運の高まりを当然に感じているのだ。

 つまり、三木谷氏に見えるは、プラットフォーマーとしての新たな野望である。楽天は全国の大中小問わず、様々な地域を盛り上げる店舗に実際に声がけして、ネット上にショッピングのプラットフォームを作った。店舗を主役に、買い物を楽しむお客様の為の場所を作ってきた。いわば、地方の店舗とネット上で賑わう“バザール”を創出したわけだ。

 楽天は今度は、ファッションをプラットフォーマーとしての立場を発揮して、ここに更にファッションの盛り上げに拍車をかけるべく、Fashion Week Tokyoと連携をしようと言う。また、ファッションへの強化を思い、楽天もその思いを込めて、「楽天ブランドアベニュー」もこれを契機に、「Rakuten Fashion」と名を変えてイメチェンを図る。

楽天、ファッションウィーク東京にかける三木谷浩史さん
楽天 ファッションウィーク東京にかけたいと三木谷浩史さん

2.楽天のファッション構想に見える未来とは

 具体的には、こうしたFashion Week Tokyoなどのイベントにも積極的に連携して、ブランドやデザイナーが世界へと羽ばたく布石を作る心意気を示した。ブランドやデザイナーを主役に見立てて、ショッピングを触発したいと願う。

 もちろん、彼らの意図するところはネットにとどまることなく、楽天ペイや楽天スーパーポイントなどを使えば、リアル店舗への送客にも効果を見ることができ、ある意味、楽天がそういう意味で、ネットの企業にとどまらない今だからこそ、特にリアルで影響力の高いファッションのジャンルに注力する意味があるのかもしれない。

 BEAMS設楽社長
BEAMS設楽社長も、ファッション復活を期待する

 レセプションパーティーにはビームスの社長 設楽 洋さんも顔を出した。「私もビームスを43年間、やってきているが、最初の頃からすれば、随分街はオシャレになった。けれど、デザイナーは一時代前の人が海外に進出して以来、少しなりを潜めている」と触れた。

だからこそ、彼は、「日本の企業がこのファッションウィークを盛り立てる存在になり、またこの場所から新たなデザイナーが輩出される事」に期待を示した。

 このようにして楽天はまずファッション業界への投資を行うことで、ファッション業界の活性化を図る。一方で、ファッションブランドなどはそれを受けながら、楽天ファッションというプラットフォームを利用することで、楽天に協力する。最終的に、楽天はそこで楽天ファッションにおいて、今度は、ファッションの小売全般部分での協力を約束することで、ともに成長していくというわけなのだ。

デザインもアートも意識 楽天らしくないレセプションパーティが未来の楽天を予感させる

 またパーティーでは僕も恥ずかしながら存じ上げなかったが、MIYAVIというアーティストが世界で受け入れられているという奏でを披露し、来場者を魅了した。

 Shopping is Entertainment!の精神は、間違いなく、地方のお店には新たな販路やチャンスを生み出し、活力をもたらしたが、ファッションの中でも楽天らしく、そこに集まるファッションブランドに対して、発揮されるということなのだ。ファッション通の感度の高いユーザーはそれだけ目も肥えているだけあって、センスも問われ、並大抵のことでは心が動かない。

 ただ、ファッション業界も変わってきているのも事実だ。例えば、Choosyなどのようにデザイナーすらいらないブランドが出てきている中で、これまでのブランドの維持、そしてファッションの良さの維持。過去の良さと今の魅力を共存共栄させるためには、まずその安定した小売の基盤を作る必要性があって、楽天はその部分での期待がかかっているというわけなのだ。

関連記事:SNS と AI で“デザイン” 決め 最速 アパレル 48時間以内 で生産 Choosy 成功術

  ここを起点に、日本にもっと先進的なデザイナーが生まれ、日本から世界へと、今までとは違った「日本の誇り」をグローバに発信してほしいと切に祈る。それだけに彼ら自体のお洒落な“変貌”に期待しつつ、ファッションの刺激的な未来に胸を高鳴らせたいものだ。

というわけで、今日はこの辺で。

(創業前に書いた)関連記事:前澤友作、ヤフーのZOZO子会社化の裏で男泣きの理由

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
小売のDXについて理解を深めるコーナー
キャラクターのライセンスについて理解を深めるコーナー
製造に関する理解を深めるコーナー

最近の記事