1. HOME
  2. News
  3. ものづくり考
  4. 直販商品
  5. 日本酒 サブスク 拘ったのは 温度“マイナス5℃”

日本酒 サブスク 拘ったのは 温度“マイナス5℃”

各地の 日本酒 を 飲み頃“マイナス5℃”で届ける サブスク

 「 マイナス5℃ 」それは、お酒の未知なる味わいを引き出す氷点下の温度。その飲み頃になったものを月に1本、届けるという着眼点で、 日本酒 専門の酒販店が世の中の酒好きに挑む。これの発想の良さは、保存環境を差別化要因にしたわけだ。株式会社さくら酒店は自らの展開中の「日本酒おまかせ便 酒標(さけしるべ)」シリーズの中に、全国各地の日本酒を「マイナス5℃」で熟成させて届ける新しい サブスク サービスを加え、8月10日から開始することを発表した。

 「 日本酒 おまかせ便 酒標(さけしるべ)」は日本酒を毎月もしくは隔月に一度、全国の日本酒を届けるというもので、ここに新たに加われるのが、「 マイナス5℃ 」という、お酒の未知なる味わいを引き出す氷点下の温度で熟成させ、毎月定額(つまりは サブスク )で自宅へ届けるという新サービスなのだ。

 実のこのサービス開始前にMakuakeのクラウドファンディングで、実施しており、それらの反響は大きく、公開初日の開始から6時間ほどで目標金額に達し、最終達成率は675%(6,751,390円)になっている。

 ポイントは、下記の通り。

  • ・全国各地の銘酒をマイナス5℃で熟成させ、飲み頃になったものを月に1本届け、そのお酒(地域)は毎月、変わるので、自宅にいながら帰省や旅行をする気分も味わえる。
  • ・「マイナス5℃」は、日本酒の劣化の主な原因である「酒内の酵母」や「酵素」の活動を最小限に抑える温度。お酒が凍り始める一歩手前の環境下に置くことで、お酒本来の味わいを損ねることなく、綺麗に熟成させることができる。
  • ・これまでの日本酒の管理の常識は「冷蔵」か「常温」しかなかったものを、本来の味わいをベースに、フレッシュさと熟成感を兼ね備えた「マイナス5℃」の味わいを楽しむことができる。

 届ける日本酒として、一例挙げるなら、射美(杉原酒造=岐阜県揖斐郡)。「日本一小さな酒蔵」という番組がきっかけで、日本酒ファン垂涎の的になった幻の酒である。今やほとんど市場に出回らない「射美」を醸す5代目蔵元の杉原慶樹さんは、青年海外協力隊を経て、日本の文化である日本酒を守りたいと廃業寸前の蔵を立て直し、農業試験場の職員と共同開発したオリジナル酒米で独創的な酒を醸すのだ。

日本酒 は なぜ マイナス5℃ がベストなのかについて、最後に

 ちなみに最後に、マイナス5℃なのか、ウンチクを。通常、温度が高いと化学反応の速度が速まり、 温度が低いと遅くなることを「アレニウスの法則」と言いうのだが、温度が高いとこれらの成分が変化するスピード、 つまり味わいが崩れるスピードは速くなる。

 つまり、お酒の中には味わいや香りを形成する様々な成分があるけれど、特にお酒の中に含まれる酵母や酵素は、 温度が高いほど活発に活動し、 味わいの成分を著しく変化させてしまうのだ。

 だから、これらの活動を最小限に抑え、 かつ味わいのバランスを最も良く保つには、 お酒が凍る一歩手前の、 できるだけ低い温度で保管することが必要になります。 その温度こそが「マイナス5℃」なのだというわけだ。実は、日本酒はアルコール度数が高いので、 マイナス5℃でもぎりぎり凍りません。

 日本酒はその地方ならではの個性を表すものである。当然、その違いを本当に美味しい味わいで、実感したいのは当然なので、ここでその保存環境の観点から、温度にこだわり差別化した点は、こだわりの強いお酒の愛好家には歓迎されるだろう。

 そして、実は、ベストな状態のお酒を購入しやすい価格(定額制)にすることができているのは、流通システムの簡略化により実現したことで、従来の座組みにとらわれない発想もまた、日本酒を新たな切り口で提案し、文化としての裾野を広げようとする気概を感じる。

関連記事

145はマガジンは「ヒットの生まれ方と育て方を考えるメディア」。キャラクターなどのコンテンツ関連と新しい小売りの最新情報、商品開発の実態を追うメディアです。
詳しくはこちら
 本気で書くにはボランティアではできません。最初にメルマガplus=メディア会員(有料)を作りました。これからの成長も含めて力貸してください。
メルマガplus詳細

What’s New

Good feedback

検索