1. HOME
  2. News
  3. カルチャー
  4. 調査
  5. 緊急事態宣言下 ヒット商品 家でぬか漬け?

緊急事態宣言下 ヒット商品 家でぬか漬け?

 年末の急激な感染症の増加で、再度、2021年1月7日に緊急事態宣言が発令され、その延長が決定しており、これがまた新たな生活の変化をもたらす事になるに違いない。そこで、Yahoo!ショッピングでのデータに基づき、巣ごもり需要で何が売れたのか、という部分に関してまとめてみた。さて、 緊急事態宣言下 ヒット商品 とは何か?

 最近、代替肉の利用が増えており、植物由来の食材で肉を作っているわけである。いわゆる「脱ミート」が世界的な潮流になっていて、マクドナルドや外食大手チェーンも代替肉の使用を開始し、中でもアメリカではビヨンドミートが上場し黒字化を達成したと話題である。(農林水産省「新たな種類のJAS規格調査委託事業」より)

 そんな傾向はネット通販にも押し寄せてきていて、大豆ミートは前年比4.5倍である。お肉を一切使用しない植物性の食材は、高タンパク質、低カロリーとあって、健康志向が高まる中で、脚光を浴びているのだ。

  それ以外でも、健康志向とネットスーパーの利便性の向上により、高まっているのが「野菜の詰め合わせ」で前年比6.5倍である。中でも今、とれたての野菜を産地直送で自宅まで届けてくれるというのが盛んになっている中にあって注目なのである。

 そうしたおうち時間の増加は普段、脚光を浴びることのなかった商品にも影響を及ぼす事になり、「ぬか床」が増加。要は、糠漬けをして、野菜をおいしくカタンに摂取しようということで、先ほどの野菜と合間って、こちらも前年比2.8倍の売上の実績を叩き出している。

 これを見ていると、家での生活が増えて、外で食べるのではなく、家で付加価値の高いものを、時には自ら作る楽しみも添えながら、なんとか工夫している消費者の姿が見えてくる。

 テレワークの推奨や飲食店の短縮営業などの影響で、自宅時間が増えている今、コロナ禍ならではの傾向と言えるだろう。緊急事態宣言を機に、こういうものの価値に気づいたことで、ネット通販から新しいトレンドも生まれそうな予感である。

 今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728