1. HOME
  2. News
  3. カルチャー
  4. トレンド
  5. コロナ 禍 の 働き方 ZOZO等 個人ブランド 後押し

コロナ 禍 の 働き方 ZOZO等 個人ブランド 後押し

ファッションモデル

 コロナ 禍、個人の時代を後押しし、人々の「働き方」やその個人の活かし方が変えようとしていて、これが小売に新たな機会を創出している。身近なところで言えば、何気ない個人が、副業でモデル撮影を行えるようにして、利用企業とモデルの双方が直接会わずに、モデル撮影が完結できる「リモフォト」や、大掛かりなモノで言えば、ZOZOが個人ブランドそのものの立ち上げを支援する「 YOUR BRAND PROJECT 」などがある。

コロナ 禍の 働き方 の変貌は 個人ブランド 後押し。eコマースも拡大?

 モノクロムが運営する「週末モデル」では、何気ない個人が、副業でモデル撮影を行えるプラットフォームであって、副業でモデルの仕事をしたい人と、キャスティング費を安く抑えつつリアルで身近なモデルを起用したい企業のマッチングアプリである。

 2017年12月のサービス開始以降、約2年で10代から60代までの幅広い年齢層のOL、栄養士、看護師、主婦などさまざまな職業をもつ女性が約4,000名登録し、利用企業も約1,000社となっている。さらに、ここで新型コロナウイルス感染症に伴って、外出自粛となっていることから、この両者が会わずとも、撮影ができてしまう環境が生まれている。それが「リモフォト」なのである。

 企業はモデルに商品を送り、モデルは郵送された商品を使用して在宅・近隣屋外で自撮りもしくは家族等が撮影を行う。マイクロインフルエンサーとしても活躍する約4,000名の週末モデルの中から、依頼商品との相性などを考慮しマッチングを行います。プランは3種類で、3コーディネート3万円の「ライト」から用意されている。

ZOZO は個人ブランド立ち上げを支援

  ZOZOは、先日、「YOUR BRAND PROJECT」という企画を始めていて(受付は6月25日で終了)、下記の要素を持つ人に対して、自分のファッションブランドを作るチャンスと呼びかけているのだ。

  • 自分プロデュース力に長けている人
  • 発信すること、そして共感を得ることが好きな人
  • とにかく、自分のファッションブランドをつくりたい人
  • 自分がファッションブランドを展開したら売れる自信のある人
  • 新しいビジネスに挑戦したい人

 ブランド立ち上げに必要な資金はすべてZOZOが負担し、経験やスキルがゼロでも商品づくりができるサポート体制、販売や配送、在庫管理、お客様対応などすべてZOZOが対応し、成果に応じた報酬で上限なく活動資金が得られる制度なのである。

 ここでは副業をしながらでも問題はない(応募者が所属する企業の許しがあれば)としており、先ほど、空いている時間を通じて、モデル活動をしたいレベルよりも、もう少しランクアップして、その自らの価値を商品につなげていこうという動きなわけである。

 ネットの環境は、個人を引き立たせる動きを推奨し、また、それで飛躍する人たちも少なくない。だからこそ、それらが不足している箇所を企業やサービスがフォローすることでその後押しをして、全体として、経済の活性化に努めようというわけであり、ここで生まれる小さな価値が、eコマースをはじめ、小売全体に与える影響は大きいと思うのだ。

 昨今は、こばしり。 さん、吉田 南歩 さんなど、最近では、こうした影響のある個人がブランドを立ち上げる例も少なくない。

 また、コロナを契機に個人の価値観も変わってきているように思えていて、その辺については、伊藤忠ファッションシステムの調査データに絡めて書いたこの記事を読むと見えてくるかもしれない。

関連記事