1. HOME
  2. News
  3. 経営判断
  4. 経済・企業戦略
  5. マガシーク サマリー 提携 買って 預ける 今時 ファッション

マガシーク サマリー 提携 買って 預ける 今時 ファッション

マガシーク サマリー 提携 買って 預ける 今時 ファッション

 洋服を買えば買うほど、部屋は散らかる。そんなショッピングにおける悩みを補完し合う、ベストカップル。 マガシーク 株式会社は、株式会社 サマリー と 業務提携 して、「MAGASEEK(マガシーク)」の会員に対して、収納サービスを開始。すぐに必要としない服などを箱に詰めて送れば、最初の1箱は月額100円で保管できるとして、新たな収納文化を提案している。

マガシーク サマリー 業務提携 の着眼点

 この着眼点は見事。株式会社サマリーは、もとより「サマリーポケット」というサービスを展開中。これは、専用ボックスに預けたい荷物を詰めて送ると、専用の倉庫に保管され、その荷物は全てスマホで確認することができるというものである。

 つまり、自由にものを預けられて、しかもそれがスマホの中で、確認できるというのだから、限りなく家のクローゼットに近い感覚で荷物を保管でき、当たり前だが、家のスペースを取らない実用的なサービスなのである。

 株式会社サマリーでは、3月には同社の社員であり、捨てない整理収納アドバイザー米田まりなさんが、本を出すなどしており、サマリーポケットのサービス然り、的確な片付けを行うことで、人々に快適な生活スタイルそのものを提案しているところにシンパシーを感じる。

関連記事:捨てない整理 収納アドバイザー 米田まりな 著書で語る極意

 そこで、冒頭、書いた通りだが、「MAGASEEK(マガシーク)」の会員に対して、このサービスを通常なら月額250円(税抜)〜で利用するところを、初月無料、さらに12カ月間の間は最初の1箱を月額保管料100円(税抜)で預けることができる、としたわけだ。そのコンセプトは、“買っても安心 預けても安心”である。

継続顧客に繋がる、見事な連携

 こうしたニーズは過去行ったアンケート(MAGASEEKでメルマガ購読ユーザー1,515人対象としたアンケート調査(2019年12月))でも見られており、アンケートの中で「自宅の荷物を自宅以外の場所で保管したいと思うか」と聴取したところ、半数以上のユーザーが「頻繁にある・たまにある」と回答している。

マガシークサマリーの連携の価値を裏付けるデータ
マガシークサマリーの連携の価値を裏付けるデータ

 これは個人的な意見であるが、この連携の意味は大きい。というのも、こうした収納を使って、ファッションを今まで以上に楽しめるようにしたこと以上に、継続顧客を生み出すという意味で、である。

 保管、収納は長く続くものである。今の時代、オンラインストアにとってリピーターは重要であり、「MAGASEEK(マガシーク)」が、サマリーとの連携をすることで、長くお客様との関係をフォローできるわけなのだ。

 繋がり続けることで、エンゲージメントを高め、次なるファッションを、同サイトで買う可能性が高くなる。故に、これらの施策がマガシークにとって企業価値を底上げする。確かに、リピーターを獲得する上では、この作戦はありだ。今後の通販サイトを考える上で、注目すべき取り組みだと思った次第だ。

 ベストカップルだと評したのは、そんな意味合いからである。今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ会員登録してメディアに参加!