1. HOME
  2. News
  3. 経営判断
  4. 経済・企業
  5. 拡大する“物流” 業務提携 で生かす 豊田自動織機 の技術力

拡大する“物流” 業務提携 で生かす 豊田自動織機 の技術力

 “物流”の自動化の必要性が、あらゆる企業の技術を引き込み、それだけ規模の大きなものへと変わる。また、世の中の要請に応えようとしている。物流ロボティクスサービスを提供するプラスオートメーション株式会社は先ほど、株式会社 豊田自動織機 に対しての第三者割当増資を通じた資本業務提携と、三井物産株式会社並びに日本 GLP 株式会社に対しての株主割当増資を行ったと発表した。

 急激な e コマース需要増大、販売のオムニチャネル化、人手不足、疾病災害を由来とする職場環境の変化等により、 物流の現場では自動化のニーズが益々高まっている。

 その中で、プラスオートメーションは、物流向けロボティクスサービスを提供し、まだ日が浅いが2019 年 6 月の設立以来、多くのお客様の物流現場へサービスを提供してきた。創業から日が浅いと言いながらも、今回、物流ソリューションプロバイダー大手である豊田自動織機と戦略的に提携することで、プラスオートメーションのエンジニアリング機能のさらなる強化を図ろうというわけだ。

 加えて豊田自動織機グループからのロボット・ソフトウエア等の調達や、同社グループ販売網の活用等も視野に協業を進めていくことで、多様化・複雑化する物流現場のニーズに今まで以上に応えていく。

 いわば、これまで技術を提供し続けてきた企業はその技術を物流現場に向けることで、広がる物流をより生産性の高い環境へと変えていける。それは、デジタル化における時代の必然であり、技術を提供する企業側は、それで企業価値を高めることができるように思う。会社のあり方を思った。

 ちなみに、プラスオートメーションのロボティクスサービスは、高い柔軟性と機動力を持つサブスクリプション型の RaaSである。物流現場への RaaS 提供を通じ、ロボットを始めとする自動化機器を業界全体で融通しながら活用していくことで ロジスティクスシェアリングプラットフォームを構築する。つまりデジタルを推進しているわけだ。語弊がある言い方かもしれないが、デジタルとアナログは補完しあい、融合する。

 デジタルシフトが進む中で、それ故、それのインフラである物流に対しても求められるものが大きくなっている。だからこそ、アライアンスを組んで、ハードとソフトの両面から協力しあう必要性があり、その動きを顕著に表す事例であるように思う。

 言い換えれば、物流が変わることで、これまでのデジタルシフトなどへの動きも拍車がかかる。縁の下の力持ちも、地道に様々な動きをみせて、その価値を時代の流れに合わせて、最大化させようとしている。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト