1. HOME
  2. News
  3. “駅ビル”変貌 NEWoMan 横浜 〜 メゾンカカオ で文化体感

“駅ビル”変貌 NEWoMan 横浜 〜 メゾンカカオ で文化体感

ニュウマンの僕がいって感銘受けた2店

 最近、商業施設のOPENが続いている。僕は6月24日にデビューした NEWoMan YOKOHAMA (ニュウマン 横浜 )にきて、高級感と格式の高さを感じて、言われたくない言葉かもしれないが、“駅ビル”の変貌を見た。そしてリアルの重要な要素を2点感じた。それを教えてくれた2つの店舗を紹介したい。一つは「MAISON CACAO( メゾンカカオ )」で、もう一つは『UNDERSON UNDERSON』である。

天皇の即位の礼に配られるほどの逸品

 「MAISON CACAO( メゾンカカオ )」は、まるでジュエリー売り場のような煌びやかさ、そして、生 チョコ の入りの綺麗な箱が並ぶ。その洗練された空気とハイソサエティな雰囲気とは裏腹に、スタッフの方々の話ぶりや表情は実にアットホーム。百貨店などのスイーツ売り場にこうしたブランドが並ぶことはあっても、独立してお店を構えるのは珍しい。歴史があるのかと思えば、この店は鎌倉発祥でまだ5年のお店だというのだから驚きである。

お洒落なメゾンカカオ店内と商品パッケージ
お洒落なメゾンカカオ店内と商品パッケージ

 スタッフ自らのお気に入りと誇らしげに説明してくれたのは「生ガトーショコラ」である。その味は、小麦粉を使わず生チョコレートをそのまま焼き上げたもので、格別。天皇陛下の「即位の礼の儀」で海外の首脳陣に配られたものらしく、折り紙付きだ。

 そして、注目すべきは、このブランドのチョコの箱である。そのまま飾っていてもインテリアとして馴染むほどの洒落た箱に包まれた生チョコなど、制作者のチョコだけでない、こだわりがあると思われる。

メゾンカカオのガトーショコラ
メゾンカカオのガトーショコラ

 また、カカオバターを入れたヘアオイルやボディオイル等の「コスメ」の展開、そして、ドレッシングに相応しいカカオ風味の「お酢」なども用意していて、18時以降は一部エリアがBARになり、 生チョコとアルコールを含むドリンクのペアリングを提供するなど、守備範囲が広い。 

カカオへのこだわりを生で伝える

 話を聞いていて共通しているのはブランド名でもある「カカオ」へのリスペクト。そう。僕が一番惹かれた理由は、このブランドのカカオへのこだわりである。それを示す際たるものが手作りのバッグ「VERDI バッグ 」。

メゾンカカオのバッグやコスメ
メゾンカカオのバッグやコスメ

 カカオの原産地コロンビアの魅力を伝えたいということで、カカオに多く含まれる銅を繊維にし、 作ったバッグで、コロンビアの伝統工芸品をモチーフにしているのだという。コロンビアは彼らにとっても馴染みの深い場所であり、自社農園を持っていて、そのカカオを原料として、先程のこだわりの数々が生まれている。

 このお店が伝えようとしているのは文化なのだと思った。想いなどを感じて、相応しいディスプレイで、表現されて、触って実感できるのは、リアルの醍醐味だろう。つまり、リアルという売り場は世界観を持って、文化を伝えるべきなんだと、この場所に来てまず、一つ感じたのはそれである。

和紙に着目、付加価値のある洋服提案

 次に、『UNDERSON UNDERSON』というお店にも、文化を彷彿とさせるものがあった。店の正面には可愛らしいぬいぐるみが置かれているのだが、それがアイキャッチとなってこの店のメッセージを伝えている。そのメッセージとは何か。これらは全て和紙からできた糸で編んでいるという。その名も日本古来の伝統と特許技術が紡ぐ素材「WASHIFABRIC™」である。メンズ・レディース・ベビーに向けた肌と環境にやさしい肌着を中心にルームウェアや雑貨などを展開し、 丁寧な暮らしを提案する。

和紙を起源にもつぬいぐるみ
和紙を起源にもつぬいぐるみ

 様々な商品が置かれていたが、全て和紙が起源である。何故和紙にこだわるのかと聞けば、「和紙は吸水性に優れていて、通気性や速乾性があるので、素肌との相性も良いのです。」と言って、通常の洋服との違いを実際に水に浸して、教えてくれた。(下の右写真:左の素材のがそうで、水を垂らした瞬間の反応を示したものだが、通常素材だとはっきり水が見える)

和紙のカラクリ
左写真は和紙から作った糸 右写真は他の素材との比較。

 確かに、和紙を基にした方が、湿っているのが薄くなるのが早い。おそらく相性が良いのはアンダーウェア。だからそれを軸にしながら、素肌にニットを着る提案もしていた。そうやって、バリエーション豊富に和紙の魅力と共に、商品を販売していて、僕は初めて和紙の違った魅力を知って、胸が高なった。

検索では辿り着けぬ価値提案

 ここである。NEWoMan 横浜で、もう一つ思ったのは、検索ではたどり着けない発見だ。僕は勿論、ネット通販は取材してきたしその凄さはわかっているつもりであるけれど、でも、弱点は、人間の何かしらの体験に基づいたレコメンドであることだ。しかし、本当に、大きく心が動かされるのは、その外側にある発見なのではないかと思った。そこには肌身で感じる、初体験はあると思う。

 それこそが、こういう商業施設が果たすべき役割であって、だからこれからはその目利きが大事な気がする。また、その一方でものづくりの現場は現場で、誇りを持って、それを貫けば、お互いに良い相乗効果をもたらす。

 その飽くなき発掘と提案。ここに、リアルの小売の意味を感じたのである。ものづくりをリスペクトし、駅という人が集まりやすい拠点で、気づかぬ文化を伝える姿勢をNEWoManには築いてもらいたい。

(関連記事)ニュウマン 横浜(前編)

 

 

 

 

関連記事

今更聞けない小売の基礎

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

会員登録してメディアに参加!

Bitnami