1. HOME
  2. News
  3. 取組実行
  4. 経済・企業
  5. クックパッド 通販 の 生鮮食品 鮮度保ち ローソン で受取可

クックパッド 通販 の 生鮮食品 鮮度保ち ローソン で受取可

クックパッドとローソンが連携

 クックパッド は ローソン と連携し、 生鮮食品 のオンラインストア「クックパッドマート」で購入した商品を、2020年6月から一部、東京都内の「ローソン」店舗で、受け取れる様にする。「クックパッドマート」ではかねてより、注文した商品を、地域に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」に届けることで、利用者はみずから指定した「マートステーション」で好きな時間に受け取ることを可能にしていている。要は、その拠点としてローソンが追加されたのだ。

クックパッド

 第一弾の導入店舗として、本日6月18日(木)16時00分より東京都内の「ローソン」3店舗(港一の橋店、世田谷桜新町二丁目店、久が原一丁目店)を商品の受け取り場所として指定する注文受付を開始、6月23日(火)より商品の受け取りが可能となる。

 併せて、それぞれの店舗内に設置された「マートステーション」から半径2-3km圏内への宅配サービスも開始する。別途送料(税抜500円/配送毎)を支払うことで、1時間単位で受け取り時間を指定して、自宅に商品を受け取ることができる。

鮮度の落とさず届ける

 なお、注文した商品は配送日当日の朝に出店者から集荷して、当日の夕方に届ける。当日集荷・配送の仕組みにより、朝収穫したばかりの野菜、市場直送の鮮魚、作りたての豆腐やチーズなど新鮮な食材を、新鮮なうちに手に入れることができるというわけだ。

 また、農作物を生産する地域の農家、地域の農畜産物が集まる直売所、商店街の精肉店、豆腐店、チーズ店などの専門店、普段は飲食店などに食材を卸している卸売市場の鮮魚・畜産・青果等の仲卸、飲食店や惣菜店などの多様な生産者が150店以上出店している。

 多様な生産者が直接販売する生鮮食品は、野菜、肉、魚はもちろん、豆腐製品、チーズ、半調理品、加工品など、2,000種類を超えるバラエティ豊かなラインナップになっているのだ。

 初めて今回、コンビニへの導入になったが、コンビニはもとより、商品が豊富であり、生鮮食品を受け取りに行くついでに新たな購入が生まれる。消費者が商品と巡り合うきっかけは多様化しており、既存の役目にとらわれることなく、コンビニにも、そうした変化が必要になってきているということなのだ。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト