1. HOME
  2. News
  3. 取組実行
  4. 経済・企業戦略
  5. 楽天、テイクアウト 開始、事前注文決済で、飲食店支援

楽天、テイクアウト 開始、事前注文決済で、飲食店支援

 昨今、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛は止むを得ないが、それが進むほどリアルな場で生計を立てる飲食系の自業者の生きる道は閉ざされる。今、必要なのは、そうした飲食店に対して、その場で食べられない分だけ、「食べるもの」を提供する機会を創出することだ。そこで 楽天 が動いた。「楽天リアルタイムテイクアウト」というサービスを開始すると発表した。レストランやカフェなどの飲食店において、商品を事前注文・決済することが可能になる テイクアウト 支援サービスを開始( 2020年5月7日から)するというのだ。

楽に“テイクアウト”が可能となり 楽天 会員を呼び込んで、活路を見出す

 事業者は、これでこのサービスを利用すれば、テイクアウトサービスを簡単に導入することができ、その機会の創出ができる。楽天のID会員を生かして、それらの飲食店へとテイクアウトを促し、経済を動かして、リアルな場で生計を立てている事業者を救おうというわけである。下記はその申し込み画面である。

初期費用、月額利用料10月31日まで無料施策に彼ららしい商店街魂を感じる

 しかも、飲食店が申し込みをしても、10月31日(土)までは初期費用および月額利用料などの利用料(クレジットカード決済手数料などを除く)を無料としており、彼らなりの誠意も感じられる。

 利用者は、スマートフォンやPCサイト上から、近隣の飲食店におけるテイクアウト可能な商品を選び、楽天IDを利用して事前注文をして、そこで決済を完了させておけば、あとはそのリアルの飲食店などに向かって、商品を待ち時間なくリアルタイムに受け取ることが可能となる。

 また、 飲食事業者の経営状況などを鑑み、 本サービスを通じて事業者が得る収益は、 10月31日(土)までは最短で翌週に入金するとしているので、資金繰りにも助かる。サービス開始時は、先行導入店舗として東京都の渋谷駅および五反田駅の周辺地域にある飲食店187店舗から利用可能となっている。ただ、全国の飲食系のお店による申し込みは既に、本日から受け付けているそうなので、あとは、楽天が全国の飲食店に対応させるべく進めていくだけだ。順次拡大していきたいとしている。

 このサービスの提供開始に合わせて、楽天は 5月7日から「スマホで注文 待たずにテイクアウト 楽天ポイント10倍」キャンペーンを開始して、さらに使う機会を触発する。キャンペーン開催中に本サービスを利用して対象飲食店の商品をテイクアウトにて購入したユーザーを対象に、購入金額に応じて「楽天ポイント」を通常時の10倍付与するとしている。なおポイント費用はすべて楽天が負担するとしている。

ネット企業は今こそ、その利点を生かして、リアルに手を差し伸べたい

 以前から思うのは、今回のコロナウイルス感染拡大の防止の動きというのは、ある意味、リアルな場で勝負している事業者にとって試練でもあり、例えば、外出自粛が起ころうと、そのマイナス面での作用が受けにくい、ネットを活用するなどして、変化が求められているようにも思うのだ。

 ただ、とはいえ、いきなり飲食店の人たちに1からネットをやれというのも酷な話であり、そこで動くべきはネット系企業であるように思う。自らこの何十年かで得てきたその知見とノウハウを生かして、彼らにいかにして手を差し伸べるかにあると思う。その意味では、楽天の迅速な動きは、人として、素直に、グッジョブだと思った。

 今こそ、ニッポンが一丸となって、商いで支え合う“商店街魂”で、皆が笑顔で、この環境を乗り切ろうではないか。

 今日はこの辺で。

関連記事:Chompy フードデリバリー で飲食店をブランディングする

関連記事:USEN レストランとの連携を生かし Uber Eats 配送

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031