1. HOME
  2. News
  3. 取組実行
  4. 経済・企業
  5. ライナロジクス Hacobu 連携で“ドライバー不足”に挑む

ライナロジクス Hacobu 連携で“ドライバー不足”に挑む

 ここ最近、宅配クライシスと言って、配送がパンクしているという現場が小売にも大きな影響を及ぼしていて、出荷量の制限や、配送料の高騰などを生んでいる。これがなぜ起きるのかというと、ドライバーの数がそれの業務を遂行するのに達していないからだ。そこで ライナロジクス と Hacobu (ハコブ)という二つの会社が業務提携を行い、出荷数において“ドライバー不足”に対してメスを入れようというわけなのだ。

ライナロジクス Hacobu が何故に ドライバー不足 を解消できるのか?

ドライバー不足が生まれる理由とは

 ここ最近においては、通常の配送に加えて、ネット通販が日用品にも使われることになって市場規模が大きく拡大して、配送が大きく増えていて、これが今の配送問題を引き起こしていると言っても過言ではない。2017 年データで言えば、既に配送の荷物の量は42億個。ここ10年で10億個、出荷数が増えているのだ。このコストが大きくなれば小売の価格にも響いて、消費者にも価格面でマイナスに作用する。

 日本の物流トラックドライバーの労働力は、2027年に需要分の25%が不足し、96万人分の労働力需要に対し実に24万人分が不足と推計されるとのデータもある(「BCG調査」の調査)くらいで、急激なネット通販の成長はさらに拍車がかかる中で、その課題解決は急務なのである。では、ライナロジクスとHacobu(ハコブ)は、そこにどう切り込んでいくのだろう。

AIの配車システムが輸送時間などの最適化へ

 まず注目したいのは、ライナロジクスが、提供しているAI自動配車システム「LYNA CLOUD」の存在だ。これは配送オーダーを入力するだけで、必要な車両台数を素早く見積もりをしてくれ、AIが1台1台の配送ルートを自動で作成するようにしてくれるもの。つまり、ドライバーの仕事そのものの無駄を削減して、配車業務の効率化、輸送時間の最適化をもたらして、問題を解決しようというわけだ。

トラック予約システムが倉庫内作業の非効率性などを解決

 一方で、Hacobu(ハコブ)は、トラック予約受付サービス「MOVO Berth」を提供している。これは荷積み、荷降ろしを行うバースの予約物流施設における入退場受付をオンライン上で管理することができるものである。つまり、これにより、ドライバーの働くインフラ部分の無駄を削減して、ドライバーの長時間待機の問題、物流拠点の庫内作業の非効率性の課題解決に寄与しようというわけなのだ。

配送計画と物流施設のバースの状況が連動して業務が効率化できる

 これら両サービスをAPI連携すれば、配送計画作成時に物流施設のバース空き状況の照会、バースの予約確定後に自動で配送計画への反映が可能になるわけで、送業務、庫内作業の効率が飛躍的に高まるというわけだ。なお、このAPI連携の実装は2020年内を予定している。

 両社が補完しあって、提供する環境は確実に、その業務効率化並びに、労働環境も変えていく可能性を秘めている。その意味で、冒頭話した、ドライバー不足の話も相まって、これらの連携が果たす役目は、物流会社のみならず、各所に与える影響は少なからず大きいと思われるだろう。テクノロジーの進化は人間と対峙するものではなく、リアルな場面で救いの手を差し伸べ、結果、人間の働く環境をよくしていくのである。これにより、小売の環境も改善することを祈りたい。

今日はこの辺で。

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

宮原華音さんを唸らせたのは?

人気記事アラカルト