1. HOME
  2. News
  3. キャラクター市場
  4. 版権元・窓口の動き
  5. ディズニープラス 日本 上陸 ドコモ と協業 配信は6月

ディズニープラス 日本 上陸 ドコモ と協業 配信は6月

ディズニープラス日本へ

 Disney+( ディズニープラス )、ついに 日本 上陸。ウォルト・ディズニー・ジャパンは本日、アメリカ、ヨーロッパ、インドにおける好調な開始を受け、Disney+(ディズニープラス)の日本でのサービス提供開始を本日発表した。開始日は、2020年6月11日。国内では、NTT ドコモ との独占的な協業を通じて、配信されることとなった。

ディズニープラス 日本 では ドコモ のdアカウント必要

 Disney+ (ディズニープラス)はディズニーがグローバルで展開する「定額制」の公式動画配信サービス。競合でいえば、Netflixなどがある。1ヶ月の間、好きなだけその中にある動画コンテンツを見ることができるわけだ。

 入会に当たっては、月額700円(税抜)必要。開始日である「6月11日」から全国の「ドコモショップ」や「My docomo」、「ディズニープラス」の公式サイトなどから申し込み可能。ただ、その際には「dアカウント」が必要となるので注意が必要。そうは言っても、他のキャリアユーザーでも自由に入会できる。この辺からももはや、ドコモという存在が徐々に携帯キャリアとしての枠組みを出て、総合的なサービスを提供するポジションをとりに行っていることがわかる。

 さて、話を戻すが、このディズニープラスを利用すると、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作がいつでもどこでも見放題となる。

 作品の中身に目を向けてみると、最新作「トイ・ストーリー4」、「ライオン・キング」、「アベンジャーズ/エンドゲーム」から、1955年に公開された名作アニメーションの実写版「わんわん物語」までの錚々たるラインナップ。この辺はディズニーの強みともいえるところであり、ディズニープラスの真骨頂。まさに、今までは、コンテンツホルダーであったディズニーがその動画でファンやユーザーと直接、結びついて、配信すること自体が、コンテンツ業界においては画期的である。

 ここでのニーズをもとに、今後はテーマパークや商品に生かすことも考えられ、コンテンツを扱う業界にはある種、これは転機であると言っていいだろう。

 ただ、同時に、定額配信としての地位を盤石にする為に、ディズニープラスとネーミングを謳いつつも、クラシック作品から最新の大ヒット映画作品まで、扱う範囲の広さも注目すべきところ。

 ジョン・ファヴローの製作総指揮と脚本で高い評価を得たスター・ウォーズのドラマシリーズ「マンダロリアン」や「ハイスクール・ミュージカル」をベースにした新シリーズ「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」など、実写なども数多くみられる。

 また、知る人ぞ知る「イマジニアリング~夢を形にする人々」は、ディズニーのテーマパークで、企画開発を担当している部署の舞台裏を描いたドキュメンタリー・シリーズであり、そうした作品も配信メニューの中に入れていて、コアユーザーなどもこうしたもので取り込むことができる。つまり、ファンの深掘りができるともに、自分たちの目の行き届く戦略の中で、育成ができる。

ディズニープラスドコモと連携
ディズニープラスドコモと連携
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社代表取締役社長Carol Choi(キャロル・チョイ)
  • 「これまでディズニーデラックスで築いてきたドコモとの協業関係を進化させ、このたびディズニープラスを独占的にドコモのネットワークを通じ、日本にいるファンのみなさまにお届けできることをとても嬉しく思います。ドコモと共に前進しながら、今後も継続的に、このサービスを多くのパートナーと一緒に拡大していくことを楽しみにしています」 
  • ウォルト・ディズニー・カンパニー アジアパシフィック担当プレジデント Uday Shankar(ウーデイ・シャンカー)
  • 「アジアパシフィック地域において、ディズニープラスはオーストラリアとニュージーランド、そして最近ではインドでDisney+ Hotstar(ディズニープラス ホットスター)としてサービスを開始し、成功を収めています。そして今回、ディズニープラスの魔法を日本の消費者のみなさまにお届けできるようになること、また、私たちの大切なファンの方々に、ディズニーの心温まる物語と愛されるキャラクターたちを、引き続きお楽しみいただくことをとても嬉しく思います」。

 ディズニープラスは、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックといった、ディズニーが保有する象徴的なエンターテイメント・ブランドそれぞれが結集する、まさにエンターテイメントの魅力が詰まった、人に夢と感動を与えるものである。デジタル配信はユーザーの嗜好も浮かび上がらせ、それに即した戦略なども考えられ、コンテンツがデジタルを通じて浸透していくとともに、コンテンツホルダー自体が、お客様との接点を通して、時代を作っていく新たな潮流であり、時代の変わり目である。

© 2020 Disney and its related entities

関連記事

「145マガジン」は、小売業界とキャラクターコンテンツに焦点を当て、魅力的な商品や売り場に活気をもたらす人や企業に迫り、その裏側にあるドラマを追うメディアです。
詳しくはこちら

最新記事

会員登録してメディアに参加!

京都の高級食パン!宮原華音が初体験するその味は?

人気記事アラカルト

過去の記事もみてみよう

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031